• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第38話 「団さん。売掛金について聞きたいのですが」

2008年4月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

◎前号までのあらすじ

 ジェピーの愛知工場では、本社の経理部長、斑目の手によって利益の水増しが行われていた。不正の仕組みを解くカギは、工場にある仕掛品の金額算出方法にあった。達也はその仕組みに気づいた。

 本社では公認会計士の西郷による監査が始まり、達也も立ち会っていた。愛知工場での棚卸しの際、達也は西郷に挑発的な態度で接したため、西郷はそのことを根に持っているようだった。

 西郷は斑目に、売掛金と在庫の金額が増えた理由を問い、営業キャッシュフローが赤字であることを確認した。達也は「こんな生やさしい監査では何も見つからない」と西郷に詰め寄った。

監査5日目

 翌日、そしてその翌日も西郷は黙々と監査を続けた。達也も終日監査に立ち会っていた。

 「何を聞かれても勝手に答えるな。すべて俺が答える。おまえの仕事は会計監査の邪魔をすることだ」
 斑目はきつく達也に伝えた。

 2人はほとんど会話することなく時間が経った。西郷の仕事ぶりを見ながら、達也は以前宇佐見がこんなことを言っていたのを思い出した。

 「監査は英語ではオーディットという。同じような単語を並べてみよう。オーディオ、オーディアンス…。分かるね。監査とは聞くことなんだ」

 ところが、目の前の会計士はなぜか、一言もしゃべらず、何も問いかけないのだ。

 (何を考えているのだろうか…)

 達也は会議室に漂う異様な空気を感じた。

 (そういえば、宇佐見のオヤジはこんなことも言ってたな)

 「監査という仕事には時間の制約がある。だから、すべての不正を見つけることはできない。だからといって、決定的に重大な不正が見つけられないような監査人は落第だ」

 会計監査はせいぜい2~3週間で、1年間に作成された膨大な資料をチェックして、そこから問題点を見つけ出す仕事だ。見落としはある。会社側が「目くらまし」を仕込んでおくこともある。

 しかし、ほとんどの「目くらまし」は、監査意見に影響するほど重要なものはない。見つかって欲しくない不正は、慎重に、見えにくいところに隠されている。

 隠された不正を見つけられる。公認会計士の能力はこの一点で決まる。少なくとも、宇佐見はそう考えていた。

 循環取引、支払代金の横領、在庫を使った利益操作。西郷は、これらの不正を見つけられるのか。

 達也はわくわくしてきた。

 「団さん。売掛金について聞きたいのですが」

 西郷が突然口を開いた。

 「前期と比べてワールドワイド電機(WWE)への残高が大幅に増加していますが、理由を教えていただけませんか」
 西郷は、機械的に質問した。

 「そうでしたか。後で調べます」
 と、達也はとぼけた顔をして答えた。

「「熱血!会計物語 ~経理課長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第38話 「団さん。売掛金について聞きたいのですが」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長