• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日米中の戦略的関係強化を急げ

対談 中曽根 康弘 VS ジェラルド・カーティス(第2回)

  • 廣松 隆志

バックナンバー

2008年6月1日(日)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回に続き中曽根康弘元首相と、ジェラルド・カーティス米コロンビア大学教授の両氏の対談をお届けする。第2回目は、日本を取り巻く海外情勢について語ってもらった。

 対談でカーティス教授は、今年5月の胡錦濤主席の訪日は大成功と評価。日米関係だけでなく、中国を含めた日米中の関係が日本の外交政策の大きなテーマだと指摘する。さらに中曽根元首相は、日米中の3カ国が、まずトップ会談を実現することが外交政策の長期目標として重要だと語った。

(聞き手は日経ビジネス オンライン編集長 廣松 隆志)

 ――  現在、世界の経済そして社会構造はますます多様化している。世界経済を牽引してきた米国ではサブプライムローン(信用力の低い借り手向け住宅ローン)問題に端を発して経済が混乱に近い状態にある。その一方で、中国は経済成長の勢いは衰えていないが、それが資源や食糧価格の高騰と結びつき、世界経済の懸念材料になっている。

 また米中の大国以外に目を向けると、欧州連合(EU)やロシア、中近東などの経済力が増し、政治的なバランス・オブ・パワーにも変化を及ぼしている。こうした変化の中で、日本は何をすべきか、うかがいたい。

 カーティス まずこの点については、先に中曽根先生の意見を聞きたい。今、最も重要なのは、日米と中国の3カ国がお互いに良い関係を持つことだと思う。米中だけが良い関係でも、日中の関係が悪くなれば、日米関係も非常に悪くなる。同じように日米関係が強くても、どちらかが中国との関係が悪くなれば、まず問題が起きる。

ジェラルド・カーティス氏

ジェラルド・カーティス氏

 そういう意味で、今年5月の胡錦濤主席の訪日は、私は大成功だったと思う。福田康夫首相の対応もとても良かった。ところが日本のマスコミはとにかく福田首相は弱くてダメという立場で、新聞などは何をやっても評価しないムードがある。しかし、私は日本が胡錦濤主席の訪日を、もっと評価してよいと思う。小泉純一郎元首相の時代や、1998年11月に訪日した江沢民前主席の時代に比べて非常に良く、中国も歴史問題を取り上げなかった。

 日米中3カ国の関係がもっと良い方向に向かうように、どうやって具体的な構造にできるかが課題だ。いろいろな方策があると思う。ただし、どうも日本には中国が強い大国として成功することに対して何か抵抗があるような感じがする。大国になる中国とどううまくつき合うかが、今の日本にとって重要な問題だ。

 だから日米関係だけなく、日米中同士の関係が大きなテーマだ。中国との関係は、中曽根先生が総理の時に、大変な功績を残した。現状をどう考えられているか、うかがいたい。

アジア間の協力関係に欠かせぬ米国の存在

 中曽根 日本を中心に考えてみると、日中というものはこれから一番大事で、調整をしながら成功させていくものだ。そのためには日米中の3者が連携してトップ会談を実現できれば、私は次のコースとして良いと思う。

 そして、やはり韓国を忘れてはいけない。かつて日韓中というアジアの北の3国と、南の東南アジア諸国連合(ASEAN)の10カ国と合わせた13カ国で「東アジア共同体」を作ろうとしてきた。だが当時は、日中韓の3カ国はバラバラで、共同体どころではなかった。しかし、今のように3カ国のトップ会談が行われるようになって連合していくと、いわゆる東アジア共同体の芽が少しずつ出てくる。そういう関係も頭に置いておく必要がある。

コメント4件コメント/レビュー

全くお説のとうり!アメリカ、中国、韓国、そしてインド、オーストラリアも加えた環太平洋!日本の国益を考えた政策!何でも反対、国民受けする甘い言葉だけの裏付けなき民主党のずるさ!もっと日本の国会議員であることを考えて国益最優先の国会議員になって欲しい!北方領土、尖閣列島、ガス田問題!最優先に解決する事こそ将来のエネルギー問題を解決して美しい日本が世界に残れると思います!国益最優先の国会議員を個別に選ぶべき!古武士の中曽根前首相の指導力に期待する!(2008/06/02)

「シリーズ 日本の針路」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全くお説のとうり!アメリカ、中国、韓国、そしてインド、オーストラリアも加えた環太平洋!日本の国益を考えた政策!何でも反対、国民受けする甘い言葉だけの裏付けなき民主党のずるさ!もっと日本の国会議員であることを考えて国益最優先の国会議員になって欲しい!北方領土、尖閣列島、ガス田問題!最優先に解決する事こそ将来のエネルギー問題を解決して美しい日本が世界に残れると思います!国益最優先の国会議員を個別に選ぶべき!古武士の中曽根前首相の指導力に期待する!(2008/06/02)

流石の中曽根前首相と感心したり、今の自民党に失望したり、エネルギー問題を政争の具にして選挙に勝てばよいだけで国民受けする甘い言葉だけ、裏付けの無い民主党の政策!大挙して中国もうでして主席と写真を取っただけで何も無い民主党の議員諸氏!今の国会議員に日本の国益を優先して考えている人はあるのか?中国とのガス田、ロシヤとの北方領土返還問題、尖閣列島の問題、4月のガソリン税率でスタンド、メーカーはどれだけ混乱したか!中曽根さんのような古武士の国益を優先する日本の国会議員を再教育しないと将来の美しき日本はなくなると憂いている!国益優先の国会議員を選出する事が大事でしょうね!(2008/06/02)

カーティス氏の「福田康夫首相の対応もとても良かった。ところが日本のマスコミはとにかく福田首相は・・・評価しないムードがある」には全く同感です。マスコミは信念をもって批判しているのではなく、論評する能力を超えているので、批判した方が安全と思って動いているのです。そう思うのは、安倍前首相の後半期のマスコミの態度と全く同じだからです。マスコミは私を含めた国民の鏡なので、マスコミばかりら悪くは言えませんが、新聞、雑誌、テレビの報道を論評するメディアもでてくると、こうした情けない事態は少しは改善するかもしれません。(2008/06/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長