• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ウソか本当か~「ニッポンの労働生産性が低いのはサービス業が悪いから」

  • 山口 高弘

バックナンバー

2008年7月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「日本の労働生産性は米国よりも低いのはサービス業があるから」?

 「日本の労働生産性は米国の71%に留まる」(2005 OECDデータ)。あなたはこの分析結果を聞いて、妥当な結果だと感じるだろうか。もっと高いはずではないか、そう感じる人も多いのではないか。しかし、OECDデータだけでなく、他の統計を見てみても、同様の結果が指摘されている。日本の労働生産性は決して高くない。 ただし、この労働生産性の低さには理由がある。それは「サービス業」の影響だ。

 「オイルショック」や「アジアからの追い上げ」といった向かい風を「カイゼン」に代表される徹底した効率化によって切り抜けてきた製造業は、米国とほぼ同水準の労働生産性である。だが、サービス産業は米国と比較して格段に低い。社会経済生産性本部の分析によると1991年から2005年の15年間で製造業が毎年生産性を平均3.1%上昇させてきたのに対して、サービス業は年率0.3%の伸びに留まっている。

 国内の就業人口の約65%を占めるサービス業。その低い生産性が、日本全体の競争力の伸びを減速させている。
(本連載でいう「サービス業」とは、いわゆる3次産業を指しており、1次・2次産業以外の幅広い業種を含んでいる )

日本のサービス業の生産性が上がらない要因は・・・

 サービス業の生産性が上昇しない要因として、「サービス業は真似されやすい」「日本の消費者は攻略が難しい」「規模の経済が働かないために、業績拡大が難しい」「サービスは製品と違って輸出が難しい」「海外では暗黙知経営が通用しない」といったことをよく耳にする。

 これらの指摘の背景には、「製造業など物財を扱う他の産業とは異なる特性を有している」ことが挙げられる。サービスの基本特性として「無形性(目に見えない)」「同時性(生産と消費が同時)」がある。無形であるが故に、サービスは真似されやすくなる。また、生産と消費が同時に行われるため、量産(規模の経済を働かせた大規模化)は容易ではなく、ましてや海外展開する際には必然的に現地化が必要になるため、量産は難しい。

さらに原因はありそうだ・・・・

 生産性が上がらない背景はこれだけではない。日本のサービス産業独特の要因がある。消費者の過剰品質要求、細かすぎるニーズといった需要側の問題、サービスの「差別化」が出来ず、結果的に周辺事業者と同質のサービスがラインナップされてしまう供給側の問題があるため、生産性が損なわれていると考えられる。

コメント46件コメント/レビュー

僕も小売業で確かに本やマスコミそれに会社のえらい人たちは声をそろえてアメリカに比べて生産性が低いとおっしゃってますが基軸通貨のドルを沢山印刷して移民を受け入れ成長のエンジンを個人消費でバッチリ決めた需給を絶対守る国とM&Aも進められない外からの資本を玄関までよんでカギを閉めちゃう国と比較してどうすんの?バカじゃない?(すみません。言い過ぎました)どちらにしてもこのままいけば内需はボロボロになるのは間違いなし。(2008/07/31)

「“世界で売りたい” 日本のニュー・サービス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

僕も小売業で確かに本やマスコミそれに会社のえらい人たちは声をそろえてアメリカに比べて生産性が低いとおっしゃってますが基軸通貨のドルを沢山印刷して移民を受け入れ成長のエンジンを個人消費でバッチリ決めた需給を絶対守る国とM&Aも進められない外からの資本を玄関までよんでカギを閉めちゃう国と比較してどうすんの?バカじゃない?(すみません。言い過ぎました)どちらにしてもこのままいけば内需はボロボロになるのは間違いなし。(2008/07/31)

流通小売業に携わって 百貨店vs価格破壊の構図から 低生産性から まだ抜け出ていないのが原因のひとつだと思う。それこそ 積み上げ方式で価格を設定する(適正価格適正利益)なる言葉があるかと思えば ステイタスのないブランドも各種存在する。同じ素材のマグロでも 三浦の回転寿司と横浜の百貨店と 六本木のイタリアンレストランとで 価格が変わるは当然のことだが、今はこれが高額品と価格破壊のみが有効ターゲットとして リスクにおびえながら 騙し騙し各企業共に稼動している。 商業接客などは元々労働者の保護が遅れている産業で、オーナーのリスクを従業員をクッションとすることで企業が生き残るということを繰り返してきている。安定しているのはごく一部だ。  35歳定年説などもいまだにまことしやかにつぶやかれる。かなり大手でも定年まで勤め上げて円満な老後を送っているのはまれであり 役員でさえその地位は危うい。  ここに高リスクを吸収しうる仕組みが業界として備わる必要があるのだが、政府はこれには及び腰。ここが変わらなければいけない。 必要だと認められた規制で、市場を正常に促進していくのは当然だが 必要以上にリスキーな規制緩和と外資迎合をしすぎて 今は、思いつきビジネスと外資しかない。 焼け野原で戦争状態。 リスクを誰かに押し付けられるずるい者だけが勝つ現状で 生産性やr&dなどの正常な企業の伸張は望めず 伸びてきてもトップが逮捕されるだけの繰り返しを ここ10年続けているようにしか見えない。 そろそろ 労働環境と商業環境の青写真を再度作リ直すべきでは無いかと思います。 (2008/07/04)

製造業しか経験したことのないリタイヤリーです。興味深く読ませてもらいました。サービス産業が製造業と比べて遅れている点は生産性もさることながらグローバル化だと思います。生産性はグローバル化の差によっても大きく影響されます。その視点も述べておられるわけですが、この点をもっと強調したら、不毛な反論が減ったかもしれません。製造業でもグローバル化の進展度による差を見ればわかります。(2008/07/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者