• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

経営哲学の徹底~ウィリアム・ウェルドン(ジョンソン・エンド・ジョンソン会長兼CEO)

患者本位の経営を守り 75年連続増収を達成

  • 日経ビジネスマネジメント

バックナンバー

2008年7月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

絆創膏の「バンドエイド」に使い捨てコンタクトレンズ──。
これらの消費者向け製品で日本でも知られているが、
実体は医薬品や医療機器も手がける総合医療メーカーだ。
3つの分野でそれぞれ強みを発揮し、
75年にわたって売り上げを伸ばし続けてきた。
最大の顧客である患者を最優先する哲学を守ってきたこと。
これが成長の原動力だとウェルドンCEOは明かす。

ウィリアム・ウェルドン
1948年米ニューヨーク州生まれ。71年米クインニピアック大学卒業後、米ジョンソン・エンド・ジョンソン入社。92年グループ企業のエチコン エンドサージェリー社長。98年医薬品グループの会長。2001年副会長。02年から現職。

 

 当社の2007年の連結売上高は611億ドル(約6兆1100億円)に上り、1932年から75年連続の増収となった。同年の連結純利益は121億ドル(約1兆2100億円)で、24年連続で増益を続けている。

 これほど長期にわたって業績を伸ばしてこられたのは、当社の製品や社員が優秀であるからにほかならない。しかし、それだけではない。当社が守り続けてきた「クレド(我が信条)」という経営哲学の存在が大きいと私は考えている。

 クレドは、我々が優先すべきことを定めたものであり、最も優先すべきなのは患者、すなわち、当社の製品を使用する顧客であると提唱している。この哲学に従って患者にフォーカスし、彼らの役に立つ製品を提供できているかどうかを自問し続ける。こうした姿勢が、当社に成功をもたらしてきたのである。

株主よりも顧客や社員を優先

 クレドには様々なことが記されている。例えば、製品の原価を引き下げることやイノベーションを起こすことなどだ。その中心には、患者を理解することがある。

 患者のニーズを的確に把握し、当社の製品が役に立てることを追求する。そして、患者のニーズに応えられる製品を生み出すための研究開発力を磨く。さらに自社開発が間に合わなければ、積極的に他社から製品のライセンス供与を受けたり、必要な製品を持っている会社を買収したりする。このように顧客である患者が必要とする製品を提供することがすべての基本になっているのだ。

 クレドで患者の次に優先すべき対象として挙げているのが、社員である。この点も、ジョンソン・エンド・ジョンソンの長期にわたる持続的な成長を支えてきたと思う。社員に対して尊敬の念を持って接し、快適な職場環境を整えることに腐心してきた。社員が働くことに誇りを持ち、働き続けたいと思う会社にすることを心がけてきた。

 クレドが3番目の優先対象に掲げているのが、我々が生活し働いている地域社会である。これ自体は珍しいことではないだろう。しかし、当社はこの点を非常に真剣に考えている。というのも、患者などの顧客に対して我々が社会貢献をしっかりと行う企業であることを示すことは非常に重要だからである。

 それだけではない。患者だけでなく地域社会にも当社は貢献している。このような意識を持つことで、社員の活力や士気も高まる。

 そしてクレドは最後の優先対象として、当社の株主が相応の見返りを受け取ることを挙げている。

 クレドに掲げられたこれらの哲学が、当社の経営を構成する4つの原則の基盤にもなっている。

ベストプラクティスシリーズVol.2
日経ビジネスマネジメント 混迷の時代に描く成長戦略

「日経ビジネス」がお届けする経営課題を解決するためのベストプラクティスシリーズ第二弾!
東芝の西田社長、大創産業の矢野社長をはじめとする注目の経営者が自ら語り、実体験に裏付けられた「経営課題の発見から解決策」を、トップ・マネジメント層に求められる具体的なソリューションとして提示します。

コメント1

「日経ビジネスマネジメント VOL2」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官