• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オフィスづくりはまず掃除から

  • 清水瑛紀子

バックナンバー

2008年7月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 風水は自然のエネルギーや気の流れを促す環境開運術ですが、「吉」となる方角を鑑定しさえすれば自然とよい気で満たされるわけではありません。

 風水の前に必要なことがあります。快適な自宅やオフィスづくりの基本中の基本、掃除です。使わない物で溢れている部屋やほこりだらけのオフィスでは、よい気で満たされることはありません。

オフィスづくりの基本は掃除

 いつ使うか分からない物や不要な物を取っておくのは限りあるスペースの無駄です。日本のように狭い国土にひしめき合って建っている空間では、物が少ない方が自分の動き回れるスペースが多くなり、部屋全体に開放感が感じられます。

 空間の開放感が得られることにより視野の広がりから、心地よさや自由な発想が得られます。狭いオフィスでも、天井が高ければ開放感が生まれます。圧迫感を感じさせない、リラックスした空間作りが可能です。

 特にクリエイティブな仕事に携わる部署、仕事の専用面積を広く必要とする人にはスペースは必要です。「開放感」「リラックス」というのは気持ちよく働けるオフィス環境として、こだわるべきものではないでしょうか。通常のオフィスでもレイアウトを含め、オフィス家具・収納棚・ガラス壁などの空間演出によって、すっきりとしたデザインにすることで可能です。

従業員にも影響を与えます

 そして、働きやすいオフィスは、従業員の定着にも少なからず影響を与えています。収納家具は高さが無いものの方が、圧迫感が減り過ごしやすくなります。物が無ければ、それをしまう収納家具も不要になりますから、必然的に物は減ります。貸し金庫ならぬ貸し倉庫を借りて、普段使わない物はそこに預けるというようにしてもよいかもしれません。

 オフィスでは物は増え続けるものですが、自分なりに(あるいは会社の方針として)取っておくべき物は、取っておく基準を設け、それ以外の物は処分しましょう。

 プライベートも同じです。魅力的な商品が日々、私たちを魅了しますが、何かを購入したら、何かを捨てるという努力なしには物は決して減りはしないでしょう。

 そうはいうものの、私自身も物を捨てるのはたいへん苦手です。両親が戦時中の物のない時代を過ごし、物を捨てることはありません。そのような親の元に育った私にも、もったいないという精神があるからです。だから、極力物は購入しないこと。1年経っても使わない物はなるべく寄付したり、捨てるようにしています。

空気の入れ換えを

 さらに掃除には、空気の入れ換え効果もあります。空気が澱んでいると気分が優れず、落ち着きません。物が溢れていても、空気が淀みます。掃除をしていない、ゴミがたまっている時もそうです。

  私がクライアントの家に入った時、鼻がぐずぐずしたら、ほこりで空気が淀んでいます。その場合、住人が何か病気になっているか、動物が弱っているか、観葉植物が枯れていることが少なくありません。ひどい時は立ちくらみがすることもあります。明らかによい気・エネルギーではありません。

 鑑定では家・オフィスの中を詳細に見ますので、特に悪いエネルギーの場合、時間を費やすのが辛いことがあります。住人は自分の家のにおいに慣れていますが、他人はそのにおいに敏感です。空気は常に清々しい、春の匂いが感じられれば最適です。自宅で目覚めた時、オフィスに出勤した時、まずは空気の入れ換えをするとよいでしょう。特に天気のよい日は空気の入れ換えをするのは気持ちがよいものです。

コメント0

「【シリーズ:社長の自由研究】米国企業と風水」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)