• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

記載=危ない会社でいいのか

「継続企業の前提に疑義」の意味

  • 杉田 庸子

バックナンバー

2008年8月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本経済新聞社の報道によれば、2008年3月期において「継続企業の前提(ゴーイング・コンサーン)」に関して疑義がある旨、有価証券報告書で注記された企業が104社となった。これは前期の78社から33%増え、この開示制度が始まった2003年3月期から最多となった。

 この注記は、会社が将来にわたって事業を継続していく可能性について疑義が生じた場合に付されるものだ。こうしたことから、夕刊紙などがその後に「危ない会社」などの見出しをつけて報道したこともあり、こうした記事を読んだ読者の中には、「あの会社は倒産が近い」だとか「株を売り急いだ方がいい」と思った人もいるかもしれない。

 しかし、そもそも、この注記がどういう位置づけであるのかは、一般には正確に理解されていないようだ。

継続企業の前提とは何か

 通常はあまり意識されないことだが、企業の財務諸表は、ずっと継続して事業活動を行うことを前提として作られている。財務諸表でこの注記を行うのも、企業とは継続、いわゆるゴーイングコンサーンであるという会計的な考え方に基づいている。

 仮に企業がゴーイングコンサーンではなく、翌年解散することが前提であれば、その企業の財務諸表は通常のものと大きく変わるだろう。例えば、会社の土地建物など有形固定資産は、通常は取得価格で記載していても、解散を前提にする場合は、決算日に処分したとしたらいくらか、という処分価値で評価することになる。

 このように記述が突如として変わることになると、債権者や投資家などの利害関係者が受ける影響は大きくなる。こうした状況を鑑みて、経営者は会社が少なくとも決算日の翌日から1年間、事業活動が継続することについて重要な疑義を抱かせる事象または状況が存在すると判断した場合は、財務諸表に注記することで利害関係者に注意を促す。

 記載する内容は、
(1)当該事象または状況が存在する旨及びその内容
(2)継続企業の前提に関する重要な疑義が存在する旨
(3)当該事象または状況を解消または大幅に改善するための経営者の対応及び経営計画の内容
(4)財務諸表は継続企業を前提として作成されており、当該重要な疑義の影響を財務諸表に反映していない旨

 になる。

コメント1件コメント/レビュー

非常に参考になりました。実際は,「疑義」の記載のない企業との相対的な比較において,記載のある企業は「危ない」(正確には「リスクが大きい」)との評価になるとは思います。しかし,ジャンク債のような高リスク投資が全てfailするのではないのと同様,「疑義」の記載=倒産ではないということと理解しました。▼それにしても,企業が継続を前提にしている点は非常に興味深い。自然人と異なり生物的な寿命を持たない法人=企業は,生き続けることが自己目的化した存在なのかもしれません。そして企業が継続のために,賃金や配当のような(個人消費につながる)自然人への分配ではなく,投資や内部留保に資金を振り分ける傾向を強めていることが,マクロに見ると今の経済を歪めているのかもしれません。企業が生き続けることは大事です。しかし,企業同士の生存競争のために,自然人への分配が少なくなりすぎると,経済そのものが立ち行かなくなります。どこにバランスを求めるかは,難しいところですが。(2008/08/26)

「杉田庸子の「U.S.発 企業会計最前線」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

非常に参考になりました。実際は,「疑義」の記載のない企業との相対的な比較において,記載のある企業は「危ない」(正確には「リスクが大きい」)との評価になるとは思います。しかし,ジャンク債のような高リスク投資が全てfailするのではないのと同様,「疑義」の記載=倒産ではないということと理解しました。▼それにしても,企業が継続を前提にしている点は非常に興味深い。自然人と異なり生物的な寿命を持たない法人=企業は,生き続けることが自己目的化した存在なのかもしれません。そして企業が継続のために,賃金や配当のような(個人消費につながる)自然人への分配ではなく,投資や内部留保に資金を振り分ける傾向を強めていることが,マクロに見ると今の経済を歪めているのかもしれません。企業が生き続けることは大事です。しかし,企業同士の生存競争のために,自然人への分配が少なくなりすぎると,経済そのものが立ち行かなくなります。どこにバランスを求めるかは,難しいところですが。(2008/08/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長