• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2講 手を差し伸べれば、挫折から成長に

2008年9月6日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 早稲田大学国際教養学部に通う4年生の岡原光希は今夏、迷いのないすがすがしい笑顔でロンドンへと飛び立った。

 「将来は、自分の会社を起業したい」。

 入学当初、抱いていた夢である外交官ではないが、新たな目標が彼女の中に生まれていた。数年前までは故郷の宮崎を離れ東京での1人暮らしに戸惑っていた岡原を、異国の地に行く勇気を与えたのは同学部教授のカワン・スタントだ。

 2年前、岡原は真剣に悩んでいた。「自分は落ちこぼれ。周りの優秀な人たちに比べて自分は何のスキルもない。親の期待に背くけれど、学校を辞めたい・・・」と。

 宮崎県の公立高校を優秀な成績で卒業し、晴れて早稲田大学に合格したのは3年半前のこと。新しい環境で自分を高めていき、将来は得意の英語を生かせる外交官になりたいという夢を抱いていた。自信と希望に満ち溢れたキャンパスライフ。だが、岡原は出鼻をくじかれてしまった。

 高校時代は、周囲も自分自身も、英語はできる方だと思っていた。しかし早稲田の国際教養学部、通称、国教は、学部の方針から帰国子女を積極的に入学させている。同級生にはネイティブのように英語を話せるものがたくさんいる。

 帰国子女の同級生に比べれば、自分の英語力などは、大したレベルではない。そう痛感させられた。それでも気心の知れる仲間ができれば、悩みも吹き飛ぶこともあるだろう。

 もちろん岡原も、普通の新入生のようにサークルや部活に入る。しかし、うまくなじめない。地方から出てきたばかりで、心を許せる友達もなかなかできなかった。高校まではお母さんがそばにいて、ずっと相談に乗ってくれた。

 でも、東京で一人暮らしをする立派なオトナになった今、悩みは自分一人で解決しなければいけないと思い込んだ。親や地元の高い期待と、それに応えられない自分――。岡原の足は次第に大学から遠のくようになった。

放棄した海外留学

 岡原の通う国際教養学部では、2年生時に海外への留学が義務づけられている。しかし、岡原はそれをしなかった。学校生活になじめず、大学の授業もろくに出なくなってしまった自分が、外交官なんかになれるはずもない。そう思い始めると、「留学しよう!」という意欲は、なくなってしまった。

 「いっそ、大学を辞めてしまおうか」。悩みで挫けそうになった時、岡原はスタントに出会った。何気なく読んだ講義案内から、スタントのゼミのタイトルが彼女の目を引いた。

 「潜在能力をどう見い出し、モチベーションをどう高めるか」

講義で学生たちに熱く語りかけるカワン・スタント

講義で学生たちに熱く語りかけるカワン・スタント
(写真:菅野 勝男)

 これは今の自分に最も必要なテーマだと感じ、受講を決めた。ゼミに通い始めた岡原は、次第にスタントの情熱を持った教育に感化されていく。スタントは学生一人ひとりに興味を持ち、接してくる。

 「学生とコミュニケーションを取りたがる先生に、大学で初めて出会った」と岡原は当時の感動を振り返る。

 スタントの授業に出てから、岡原は、

「なぜ今、自分がこの大学に通っているのか」
「大学で何を学び、将来何をしたいのか」
「今の行動が将来なりたい自分の姿に結びついているのか」

を真剣に考えるようになった。

コメント13

「本気が作る「やる気」人間」のバックナンバー

一覧

「第2講 手を差し伸べれば、挫折から成長に」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員