• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リーダーの愚行を防ぐ2つの方法

ロデリック・クレイマー
米スタンフォード大学経営大学院教授に聞く

2008年9月13日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 賢明で慎重だった人が経営幹部に昇進した途端、横柄な態度を取り、独走を始める。このような事態が企業の職場で起きることは珍しくない。その結果、部下はやる気を失い、職場のチームワークが崩壊する。

 権力を握ることによって言動が急変してしまう人が出てくるのはなぜなのか。それを防ぐにはどうしたらいいのか。

 米スタンフォード大学経営大学院におけるリーダーシップ研究の第一人者で、このテーマについて取り組んできたクレイマー教授は、リーダーとなる本人が自らを律するしかないと説き、2つの予防法を提示する。

(本誌による要約日経ビジネスマネジメント 中野目 純一)

ロデリック・クレイマー(Roderick Kramer)

ロデリック・クレイマー(Roderick Kramer)
米スタンフォード大学経営大学院教授。1985年米カリフォルニア大学ロサンゼルス校で社会心理学の博士号を取得。同年から米スタンフォード大学の教員となる。研究対象は創造性、意思決定、リーダーシップなど多岐にわたる

(写真:鍋島 明子)

 非常に聡明だった人がエグゼクティブ(経営幹部)や管理職に昇進した途端、愚かなことをするようになった──。

 このような光景を目の当たりにしたことは、恐らく誰にでもあるでしょう。エグゼクティブになる以前は、慎重な姿勢で成功を収めてきた人が急に愚行を重ねるようになる。まさに謎ですね。

 このように賢明な人であっても、権力を持つと行動が変わってしまうのはなぜなのか。この「パズル」を解き明かしたいと思い、調査を行いました。結論の1つは、権力を手にすると、周りの人に相談しなくなってしまうということです。自分の立てた仮説を検証せずに物事を決めるようになる。

 そうした傾向が顕著に見られるのが、米国の歴代の大統領です。大統領の候補だった時には有権者の関心に注意を払い、周囲のアドバイスに耳を傾けていた。ところが、大統領に選出されて権力を手にするや、自分の直感だけに基づいて行動し始める。直感に基づいて起こした行動の多くは、得てして悪い結果をもたらします。

 周囲に助言を求めても、周りの人々が真実を語らないこともある。上司が気に入らないことは口にせず、聞きたいと思うことだけを耳に入れるようになるのです。これが、エグゼクティブが愚行を重ねる原因になることもある。

 例えば米民主党でバラク・オバマ氏と大統領候補の指名を争ったヒラリー・クリントン氏は、彼女が聞きたいことしか言わない人たちに囲まれていた。そのためにいくつもトラブルを招きました。

愚行によって会社を追われた2人の経営者

 急に愚かなことをするようになった企業経営者の例として、米ウォルト・ディズニーのマイケル・アイズナー元会長兼CEO(最高経営責任者)が挙げられます。

コメント1

「ポスト成果主義 スタンドプレーからチームプレーに」のバックナンバー

一覧

「リーダーの愚行を防ぐ2つの方法」の著者

中野目 純一

中野目 純一(なかのめ・じゅんいち)

日経ビジネス副編集長

2012年4月から日経ビジネス副編集長。マネジメント分野を担当し、国内外の経営者、クリステンセン、ポーター、プラハラードら経営学の泰斗のインタビューを多数手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック