• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第5話「最大の犠牲者は萌ちゃんだと思う」

2008年9月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 経理部の細谷真理は経理課長に昇進し、達也は取締役経理部長になってジェピーの経営の一翼を担うことになった。

 社長の財部益男は、達也のほか、愛知工場の三沢充らを登用した新しい組織でジェピーの再建に臨むべく意気込んでいた。

 その矢先、真理は達也に重大な事実を告げた。それはジェピーには60億円もの「隠れ債務」があるということだった。

 その負債は、間中隆三専務が、妻の実家が経営していた会社の借金を連帯保証したことで生じたものだった。間中は経理部員だった沢口萌と共謀して不正を働き、そのことが株主総会の場で公にされた後、会社を追われていた。


経理部 朝

 「団が取締役で、細谷が経理課長だって。やってられないよな…」

 新人事が公表された日、経理部は騒然とした雰囲気に包まれた。掲示板に張られた新組織図を見て、経理部の田中は周りに聞こえるような声で不満を口にした。不満なのは田中だけではないのを、知っているかのような物言いだった。事実、経理部の男性社員のほとんどが、新しい人事を見て田中と同じ不満を抱いていたのだった。

 株主総会で起きたことはあっという間に社内に広がった。噂通りなら、不正の首謀者であった間中専務と斑目部長が解雇されたのはやむを得ないし、不正の手口もあり得ない話ではないな、と田中は思っていた。

 だが、沢口萌があの間中の愛人で、2人で共謀して横領を働いていたという噂は、経理部員の胸に深く突き刺さった。あり得ない話だ。萌ちゃんは俺たちに優しくしてくれたのと同じように、何も知らないまま、専務にも優しく接していただけだ。専務だってそんな萌をかわいいと思うのは当たり前だ。

 萌を悪人のように扱って会社を追い出すなんて、これは誰かの陰謀に違いない――。そう思っていたのは田中だけではなかった。同期の佐々木も、入社したての中村も、その他すべての経理部員は、萌が一番の犠牲者だと思った。

 田中にはもう一つ不愉快なことがあった。斑目がいなくなったいま、課長の達也が経理部長に昇格したことは仕方がない。だが、達也が取締役となると、話は別だ。入社して半年にもなっていないのに、課長から一気に経営者になったのだ。

 それでも、達也の昇進は許容の範囲だ。たった半年間で、ジェピーを健全な会社にするために尽力した功績は認めざるを得ない。それより我慢ならないのは真理の人事だった。あの短大卒の一般職が、今日から自分らの上司になるのだ。しかも、女性だ。

 田中は今年で入社10年になる。確かに、斑目部長にいじめられ、この1年間で2人の課長が会社を去った。

 地方の三流大学を卒業した年に、田中はジェピーに入社し、以後経理一筋で働いてきた。上司の斑目は決算の時以外は何もしない男だった。だが、経理は毎日が細かな仕事の連続なのだ。しかも、役員から様々な資料の作成を依頼される。その仕事を一手に引き受けていたのが田中だった。だから、会社のことを一番知っているのは自分だ、との意識が誰よりも強かったのだ。とはいえ、管理職になりたいと思ったことはなかった。

 だが、経理課長が空席になり、うるさい斑目がいなくなると、管理職になりたいという気持ちが芽生えてきた。そして、自分に「課長にならないか」と、声がかかることを密かに期待していたのだ。管理職になれば、女房にも顔が立つ。しかも、自信はある。

 ところが、新しい人事は田中にとっては予想もしなかった理不尽なものだった。

「「熱血!会計物語 ~経理部長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第5話「最大の犠牲者は萌ちゃんだと思う」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員