• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“外国人”トップが3代続く世界企業の人事制度

ラドスラヴァ・アンゲロヴァ
日本コカ・コーラ人事・組織開発担当副社長に聞く

2008年10月18日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 経済のグローバル化に伴って海外進出を拡大してきた日本企業にとって、外国人を含めて優秀な人材を登用する“人事のグローバル化”が大きな課題になっている。

 日本企業に先駆けて海外展開を進めてきた米国企業は、人事のグローバル化をどのように実現しているのか。製品を世界200カ国以上で販売し、グローバル企業の先頭に立つ米コカ・コーラでは、CEO(最高経営責任者)に“外国人”が3代続けて就任するなど、あらゆる階層で出身国を問わない人材の登用が行われている。

 世界規模での人材の抜擢を可能にしている同社の人事制度について、ブルガリア出身のアンゲロヴァ日本コカ・コーラ副社長が語る。

(本誌による要約日経ビジネスマネジメント 中野目 純一)

 現在、世界的に企業の人材獲得競争が激化しています。特に中国のように高成長を続けてきた国では、海外から企業が続々と参入し、優秀な人材を奪い合っている。このような国では、人材の採用や引き留めは非常に困難です。

 そうした中、コカ・コーラがリーダーの強力な「パイプライン」を持ち続けるためには、自社で育成した人材の流出を防がなければなりません。人材の引き留めに力を入れているほか、人材から「選ばれる」会社であり続けられるように努力しています。これは、人材の引き留めだけでなく、社外から人材を採用する際にも重要なことです。

人材から「選ばれる」会社であり続ける

ラドスラヴァ・アンゲロヴァ(Radoslava Anguelova)氏

ラドスラヴァ・アンゲロヴァ(Radoslava Anguelova)
米IBMを経て1999年に米コカ・コーラに入社。中欧、東欧、中東を統括していたグループの本部や、アフリカを統括するグループの本部などを経て、2007年2月から現職。ブルガリア・ソフィア大学で心理学の修士号を取得
(写真:都築 雅人)

 人材から選ばれる企業であり続けるには、競合する企業との差異化が必要です。当社の社員が「コカ・コーラに入社してよかった」と思うことは何でしょうか。まずは、多様な人材が活躍できること。次に他の国の社員とチームを組んで世界規模で仕事ができる点。そして、世界で最も愛されているブランドの製品を販売するための戦略を立案できる喜びや興奮でしょう。

 こうした当社ならではの魅力を失わないようにすることが求められます。実際、コカ・コーラには多様な人材が活躍するチャンスがある。その象徴的な例は、米本社のトップ人事でしょう。ジョージア州アトランタにある本社のCEO(最高経営責任者)には、3代続けて外国人が就いています。

 3代前のCEOだったダグラス・ダフトはオーストラリアの出身でした。前CEOのネビル・イズデル(現会長)はアイルランド人。アフリカ育ちで、ザンビアのボトラーからスタートし、アジアや中東、東欧などで新規市場開拓の陣頭指揮を執りました。実に国際色豊かな経歴の持ち主です。

 現CEOのムーター・ケントは米国生まれですが、親はトルコ人で、トルコで育ちました。イズデルと同様、社歴の多くを母国のトルコや欧州など米国以外の国で過ごしています。

複数の国を経験することが幹部の条件に

 このようにコカ・コーラでは、トップをはじめとしてあらゆるレベルで社員の多国籍化が進んでいます。例えば、米本社に勤務する社員の出身国は60カ国以上に及びます。

コメント0

「ポスト成果主義 スタンドプレーからチームプレーに」のバックナンバー

一覧

「“外国人”トップが3代続く世界企業の人事制度」の著者

中野目 純一

中野目 純一(なかのめ・じゅんいち)

日経ビジネス副編集長

2012年4月から日経ビジネス副編集長。マネジメント分野を担当し、国内外の経営者、クリステンセン、ポーター、プラハラードら経営学の泰斗のインタビューを多数手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員