• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「あなたのお客様は誰ですか?」

  • ジェネックスパートナーズ

バックナンバー

2008年11月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人影まばらな日本のブース

 去る9月19日から3日間にわたって、東京ビッグサイトで「JATA(日本旅行業協会)世界旅行博2008」が開催され、10万人超を動員した。この世界旅行博は、2003年からJATA国際観光会議・世界旅行博実行委員会主催で毎年開催されているビッグイベントで、今回は世界136カ国・地域が観光客誘致のためにブースを出展した。広大な会場では、「自国のイメージ」を体現するような設営や、スタッフが身にまとう民族衣装、伝統的な踊りや生演奏、ワインの試飲やチョコレートの試食、カジノ体験等々、様々な趣向が凝らされ、ちょっとした海外旅行気分が味わえる。まさに、旅心をそそられるイベントなのである。

 そこには日本のブースもあった。旅行会社、携帯電話会社、グルメ検索サイト、航空やバスなど運輸関係等々、旅行に関連するプレーヤーの多彩さが如実に表れる顔ぶれである。そんな中、いくつかの地域も出展していたのである。世界旅行には国内旅行も含まれる、ということなのか、海外から人々が集まるチャンスを活かそう、ということなのか、出展の目的を確認することはできなかったが、残念ながら他国に比べると「見劣り」するのは否めなかった。

 これは、決して海外びいきだから、ということではない。目的が定かでない、と先述したが、誰に、何を売りたいのか、まったく分からないのである。例えば、ドバイのブースでは設営から紙袋に至るまでラグジュアリー感で統一されていたし、グアムはダンスやダーツなども取り入れて陽気なリゾートイメージを前面に押し出していた。その中で、民族衣装である着物で装うわけでもなく、駅などに貼られているようなポスターを展示しただけのブースからは、何も感じることはできなかったのだ。確かに国を挙げてやっていることに比較すれば、かけられる予算も人員も少ないことは想像に難くない。しかし、地方でよく見る観光総合案内所のような様相のブースには、人影も少なかった。

じゃがいも5キログラム付きのスキーツアー

 観光において、第三者が見ると首を傾げてしまうような設備やサービスは少なくない。ある有名スキー場近くの宿では、宿泊客に特産物であるじゃがいも5キログラムがもれなくプレゼントされていた。確かに自慢の特産物であり、味も格別なのかもしれない。しかし、スキーという、ただでさえ多い荷物に箱入りのじゃがいもが加わり、どれほどの顧客満足が得られるのだろうか。

 一方、古い歴史を持つ温泉地。明らかに2つの浴室を改築で繋げたと思われる大浴場には、中央になぜか巨大なジェットバスが鎮座していた。設置してあるのではなく、床の上に置いてある、という状態で、後付けしたのがひと目で分かる。そしてその横には、宴会場の舞台のような岩盤浴。泉質が良い、隠れた温泉地として一定の人気をもっている温泉地で、この設備がどれほど顧客を惹きつけるだろうか。

「「開国!ニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員