• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「滴」を「大河」に変える「良いレバレッジ」 

From Drops of Dew to the Mighty River

2008年11月8日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

銀行は大きな河のようなものだ。銀行に集まってこない金は、溝に溜まっている水やポタポタ垂れている滴と変わりない。 【第一国立銀行株主募集布告】

 これは、日本初の銀行、第一国立銀行(現在みずほ銀行)の株主募集布告での渋沢栄一の言葉です。つまり、散らばっていては効力のないお金でも、集まって「大河」という資本になれば、建国の原動力となるという考えです。

 In the very early years of the Meiji Restoration period, the Japanese government sent a mission to the United States and Europe to learn about the fundamental infrastructure of a democratic nation.

 From the findings by the mission, the Japanese government decided to institute a “national bank system”, modeled after that of the United States, which would provide the financial foundation for the emerging modern economy of Japan. The Ministry of Finance official put in charge of forming the articles of the “national banking law” was Eiichi Shibusawa.

銀行というベンチャー企業の公募増資に応募したのは40人だけ

 米国の制度を参考にして、国立銀行条例が1872(明治5)年に制定され、日本初の銀行、第一国立銀行が民間資金によって1873(明治6)年に設立されます。

 Prior to the official enactment of this law in November of 1872, Eiichi persuaded the House of Mitsui and the House of Ono to become lead investors of 1 million yen each in establishing the First National Bank of Japan in August of 1872. (Present day 1 yen = approximately 2250 yen based on increase in price of goods.)

 In November, the bank became the first Japanese company to offer shares to the public, hoping to raise another 1 million yen. Eiichi himself invested 40,000 yen.

 However, nobody was familiar with this new venture business, called a bank, and only about 40 investors participated in the public offer. Thus, 440,800 yen raised in the public offer fell short of the initial target.

民間の力を信じ大蔵省を辞め40年以上頭取を務めた

 当時、銀行はベンチャービジネスでした。立ち上がったとはいえ、銀行運営の経験者がいるわけではなく、経営は渋沢栄一に任されます。資本によって会社を支配することなく、「オンハンズ型」で企業価値を創造することに努めた栄一は、まさに日本のベンチャーキャピタリストの元祖とも言えるでしょう。

 With total of 71 investors and 2,440,800 yen of capital, the bank opened for business in August of 1873 in Kabutocho, only a block away from now what is the Tokyo Stock Exchange.

  Initially, the top management was shared by the House of Mitsui and the House of Ono. However, nobody knew how to run the operations of a bank, and potential for conflicts of interests emerged between the two equal parties.

  In the meantime, Eiichi whose upbringing was from a well-to-do agricultural merchant class family, felt constrained within the confines of the bureaucracy and resigned from the government with the strong conviction and mission of nation-building from the private sector. Eiichi was named as general supervisory officer to provide oversight in the management of the new bank. A couple of years later in 1875, he became president, a position he held for over forty years, till 1916.

 第一国立銀行の「国立」という意味は、国の法律によって設立されたということを示すもので、資本と経営はあくまでも民間人ベースのものです。一方、日本銀行は、政府によって1882年(明治15)に設立されます。

コメント0

「渋澤 健の資本主義と道徳」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者