• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

豊かさにつながる賢いリスク・テイクとは

Risk-Taking, Past and Present

2008年11月22日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

我国の有様は、是迄やり来た仕事を大切に守って、間違いなくやつて出るといふよりも、更に大に計画もし、発展もして、盛んに世界列強と競争しなければならむのである。【青淵百話:『元気振興の急務』】

 これは、渋沢栄一が大正時代に話したと思われる講演録からの一節です。当時は歴史上でも、日本がもっとも豊かさに恵まれていた時代でした。そのような「黄金時代」において栄一が鳴らした警鐘とは、「もっと、元気を出せ!」でした。

 The following excerpts are from a speech by Eiichi Shibusawa sometime during the Taisho Period (1912-1926), entitled “Urgency Regarding the Promotion of Vigor.” After the Meiji Period (1867-1912), Japan was a new global economic as well as military power, and enjoyed an era of unprecedented wealth and comfort. Yet, as an active contributor to Japan’s emergence and successes, Eiichi saw many problems in the Japanese society.

 現在の安定に満足するだけでは豊かさは持続しない

 過去の成功の秩序が、現在のしがらみになっている。これは栄一だけの時代ではなく、私たちの時代でも言えることでしょう。

 “In recent days, vigor in every class of our society has disappeared, and where advancements that should have been made, we have become clearly stagnant.” It appears that, in a sense, Eiichi believed that success was the reason for the recent failings. “The reason appears to be that the society has become rather proper and orderly, and people behaviors have become careful and conservative.”

 明日が今日より良くなると信じるより、今日を無事に過ごせばそれで満足してしまうというのは、社会の停滞につながります。それは、昔も今も同じです。

 “Just hoping to spend day to day within the confinement of safety is a condition that is gravely deplorable for our country’s well-being.” Eiichi strongly believed that “Our present standing in the world does not afford us the luxury of an era that values calmness and cautiousness.”

 前例主義で物事を間違いなく進めることは、一見賢いやり方にも見えますが、それだけでは次第に競争力はなくなっていきます。

 “The way of our nation should not be to protect the work that we have achieved so far, and to carry out these tasks without any mistakes. Rather we need plan on a grander scale, progress further, in order to stay competitive with the mighty powers of this world.” The memories of the threat for Japan to become a target for western imperialism were still fresh in the hearts of those from the generation that were active from the Meiji Restoration Period. This was something that seems to have started to fade within the new younger generation of the Taisho period.

コメント0

「渋澤 健の資本主義と道徳」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長