• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「手を挙げた人、全員内定」の意味

KUURAKU---福原裕一社長

  • 星 良孝

バックナンバー

2008年12月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネスは11月24日号の特集で、「縮み志向を吹き飛ばせ!熱い職場」と題して従業員の士気の問題を取り上げる。連動インタビューとして、企業トップや現場のリーダーの声をお届けしていく。シリーズ第7回は関東を中心に居酒屋チェーンを展開するKUURAKU(千葉・美浜区)の福原裕一社長。

 マクドナルドなどの外食会社、起業の失敗を経て、焼き鳥チェーンを起業。11年間、安定した成長を達成した。成長の原動力は、社員やアルバイトの士気向上に、日頃から配慮し続けてきたことだという。

 2008年4月、当社の新卒社員は一風変わった経緯を経て入社しました。

 入社の1年前、ディズニーランドに隣接するホテルで会社説明会を行いました。私と現役の社員らが1時間半にわたって会社の説明をしました。学生同士でも議論してもらいました。その後、私が学生に向かって「一緒に働きたいと思った方、挙手ください」と呼びかけました。学生は、突然のことで、直感的に判断するしかありません。

福原裕一(ふくはら・ゆういち) 1965年4月、神奈川県生まれ。高校卒業後、花王石鹸(現花王)に入社。マクドナルドなどを経て、99年にくふ楽(現KUURAKU)を設立。千葉県から焼鳥屋などの店舗を拡大していく。関東を中心に、外食18店舗、塾2カ所の20事業所を運営する。2008年9月期の売上高は11億3000万円。黒字決算を続けている。(写真/室川イサオ)

福原裕一(ふくはら・ゆういち) 1965年4月、神奈川県生まれ。高校卒業後、花王石鹸(現花王)に入社。マクドナルドなどを経て、99年にくふ楽(現KUURAKU)を設立。千葉県から焼鳥屋などの店舗を拡大していく。関東を中心に、外食18店舗、塾2カ所の20事業所を運営する。2008年9月期の売上高は11億3000万円。黒字決算を続けている。(写真/室川イサオ)

 この時に挙手したのは29人でした。私たちは、これら全員に内定を出しました。「やりたい」と思ったことがすべて。説明はつきにくいことです。人の感性の力を信じたいのです。

 最終的に入社したのは3人でした。成果上々だったと考えています。採用にかけた費用は従来の3分の1ほど。従来の採用法に比べて新人が劣っている部分はありませんでした。

 もっともこの方法一度行うと、多くの学生に知られてしまいます。再び同じ採用方法を取ることはできません。しかし大切なのは「手を挙げた人、全員内定」の手法の背景にある私たちの会社の考え方なのです。

若者全員を戦力にしていく

 KUURAKUは社員39人、アルバイト約200人とまだこれから会社です。創業から11年になりますが、人の力を生かす考え方は変わっていません。

 私たちは20代~30代の若い従業員が多い。こうした若い世代は「熱いのはかっこわるい、クールがかっこいい」と考えがちです。情熱を表に出すことが少ない。親の庇護の下、社会との接点を持たずに大人になることが多いからでしょうか。しかし、潜在的なやる気は、過去も今も変わりません。表面に出てくるかどうかの違いです。こちらから場を提供すれば、挑戦してくれるのです。

 私たちの従業員は決して多くありませんから、若い従業員全員を戦力にしないと会社が回りません。

 言うまでもなく、やる気は、カネだけの問題ではありません。私はマクドナルドで社員を2年半していました。そこでは1店舗当たり50人から100人のアルバイトを雇用していましました。それぞれに倉庫係といった役割を与えると、終業時間前に出勤するほど積極的になります。

 マクドナルドはいわば人の心理を踏まえていました。人のモチベーションは波があります。プラスの時もマイナスの時もある。マイナスの時に上がるきっかけを与えることが重要です。

コメント3件コメント/レビュー

こき使う、己の腹いせで叱る。失策を部下に擦り付ける。知識の無い部下に「違法」なやり方に追い込む。こういう奴らが実にまあまあ評価のある会社に結構居て組織と働く人生を蝕んでいる。遠からずお返しされます。職位と人間関係の上下は別です。年少の上長は年長部下に敬意を持って、年長部下は年少上長の責任意識を認めるとき自ずと敬意を持てるはず。厳しくすることと相手のプライドを傷つけたり感情のはけ口とする行為は全く別もの。偉そうにして威厳を保とう思うタイプは裏返せば威厳が無い。(2008/12/02)

「「熱い職場」の作り方」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こき使う、己の腹いせで叱る。失策を部下に擦り付ける。知識の無い部下に「違法」なやり方に追い込む。こういう奴らが実にまあまあ評価のある会社に結構居て組織と働く人生を蝕んでいる。遠からずお返しされます。職位と人間関係の上下は別です。年少の上長は年長部下に敬意を持って、年長部下は年少上長の責任意識を認めるとき自ずと敬意を持てるはず。厳しくすることと相手のプライドを傷つけたり感情のはけ口とする行為は全く別もの。偉そうにして威厳を保とう思うタイプは裏返せば威厳が無い。(2008/12/02)

理屈はよくわかりませんが、『従業員をこき使った瞬間、心の状態が悪化してしまう』というの、すごく実感として心にきました。確かに、周りにそういう人いますから。なぜなんでしょうね。(2008/12/02)

KUURAKUグループの ざっ串というバンクーバーのお店に通い何年も経ちます。従業員の姿勢が 他のバンクーバーの 居酒屋やレストランと違いすばらしいのです。 これを読んで なるほどと理解させていただきました。何の職種でも(わたしはアメリカで建築デザイン業)やる気をもたせること、オーナシップ(プロジェクトに対しての責任感)をもたせること、それがプラスのエネルギーにかわりプラスになるという事を痛感します。バンクーバーの店の彼らは 多人種を相手にするという困難のなかで(それは大変な事と思います)地道に顧客を作り 大成功していると思います。 バンクーバー在住の知人友人はもちろんのこと、シアトルからもわざわざ足を向けている友人多数です(私どもはカリフォルニアからの大ファンです)これからもオリンピックなどでますます忙しくなるとは思いますが がんばって下さい。(2008/12/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長