• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

組織化されない“混沌”、それが会社の活力

小僧コム---平松庚三会長

  • 星 良孝

バックナンバー

2008年12月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネスは11月24日号の特集で、「縮み志向を吹き飛ばせ!熱い職場」と題して従業員の士気の問題を取り上げた。連動インタビューとして、企業トップや現場のリーダーの声をお届けしていく。シリーズ第8回は年長者向けのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を展開する小僧コムの平松庚三会長。
 ライブドア(現LDH)の元社長と言った方が分かりやすいだろう。ソニーを起点に、ベンチャー組織から大組織の管理を経験してきた。「人材育成をしたら、大きな仕事を任せよ」と説く。

 思えば、日本企業に「いけいけどんどん」という面が失われていっています。2006年1月のライブドア事件までは、ベンチャー企業の熱さに見習おうという機運もあったのですが、景気が悪化傾向にあり、なおさら良くないスパイラルに入っています。

 社員が自由奔放に、仕事に打ち込む熱い組織。いけいけどんどん自体に誤りはないのです。

「アンオーガナイズド・ケイオス」の良さ

平松庚三(ひらまつ・こうぞう) 1946年1月、北海道生まれ。早稲田大学文学部中退。米アメリカン大学卒業後、73年、ソニー入社。86年、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルジャパンに入社。IDGコミュニケーションズジャパン、AOLジャパンの社長を経て、米インテュイット日本法人(現弥生)社長。2004年、弥生はライブドア傘下に入り、2006年1月にライブドア社長。2008年1月、SNSの小僧コム会長に就任した。(写真/いずもとけい)

平松庚三(ひらまつ・こうぞう) 1946年1月、北海道生まれ。早稲田大学文学部中退。米アメリカン大学卒業後、73年、ソニー入社。86年、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルジャパンに入社。IDGコミュニケーションズジャパン、AOLジャパンの社長を経て、米インテュイット日本法人(現弥生)社長。2004年、弥生はライブドア傘下に入り、2006年1月にライブドア社長。2008年1月、SNSの小僧コム会長に就任した。(写真/いずもとけい)

 ライブドア(現LDH)との出会いは私にとっては非常にラッキーでした。若い連中と一緒にやって、60代に一番成長したと思います。堀江貴文元社長兼CEO(最高経営責任者)が2006年に逮捕されたのは本当に大変なことでした。精神的にも、肉体的にも死ぬかと思った時もありました。しかし、私にとっては貴重な経験でした。

 ライブドアは、向かうべき方向を明確にしていました。インターネットの世界で、圧倒的にナンバーワンになろうとしていた。

 私はライブドアの関連会社の社長でしたが、2004年に傘下に入って以来、本体とのビジネス上の接点は意外と少ないものでした。週に1回、1時間ほどの経営会議に出ていただけ。お互いの関係がその程度だとしても、成長企業と併走することで、自社の成長のスピードを上げられることを期待していました。有形無形の効果があるだろうと。

 実際、フロアは一緒でしたから、「熱さ」を間近に感じることはできました。相次ぐ企業買収、近鉄球団の買収などの手を次々と打っていました。

 いわば「組織ありき」ではなく、「目標ありき」「戦略ありき」という考え方で会社が動いていました。日本は組織ありきになりがちです。例えば、地方自治体が、人口当たりに美術館が多いと誇るのもそうかもしれません。中に飾るものありきというよりも、美術館ありきというイメージがある。ライブドアはそうではありませんでした。

 ノーベル物理学賞を取った江崎玲於奈さんが、「オーガナイズド・ケイオス(組織化された混沌)」と言いました。活性化された組織の条件についてです。構成員が自由奔放にしている一方で、組織全体としては管理が行き届いている。

 それに対して、ライブドアは、「アンオーガナイズド・ケイオス(組織化されない混沌)」と言うべきでしょうか。従業員が自由奔放に仕事を進め、会社としても自由に動いた。まさに、いけいけどんどんだったのです。

 事件の後は、ライブドアの組織風土は180度反対になりました。「火中の栗を拾った」と言われましたが、むしろ素晴らしい仕事を得たと言った方がいい。

 私自身はコーポレートガバナンスやコンプライアンスを認識していましたが、身についていたかどうかは別問題でした。上場会社を経営した経験はありませんでしたし、証券取引法にも疎かった。従来、外資系IT(情報技術)企業の“雇われ社長”でしたので、経営のゴールは営業利益を上げることにほかならなかったのです。

 私は部下を雇う時に、3つの条件を設定しています。専門分野で自分よりも知識や経験が優れていること。必要な時に私に「ノー」を言えること。個人的な友人ではないことです。ライブドアには事件前に「これでいいのかな」と言う人が誰もいなかったことは問題でした。

コメント0

「「熱い職場」の作り方」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長