• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第9講 遊びを持てば、学びが始まる

2008年12月13日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「この1年で起こったあなたにとってのビッグニュースは何ですか?」

 広島市立大学情報科学部教授の吉田彰顕は、受け持つ学生たちに講義の終わりにA4の紙を1枚配り、こう問うた。

 「1年間、無欠席!」「新車を買った」「母の日、父の日にプレゼントを贈った」「彼女ができた」――。

 皆それぞれ、この1年間で起こった自分の中でのニュースを書いてくる。そして、次回の講義の冒頭で、皆の前で回答を発表する。

 学生たちは、ほかの学生がどのような回答をしたのか、そして吉田がどのような見解を示すのかに興味を抱き、聞き耳を立てる。

 講義の中身とはほぼ関係のないように見えるこの一連の行為。だが、「これは教える側教わる側がお互いに関心を持ち、そして信頼関係を築くための不可欠な儀式なのだ」と吉田は言う。

 この儀式は、9年前に同大学へ赴任してからずっと行ってきたものだ。学生と真剣に向き合い、彼ら彼女らの興味をいかに刺激し、集中力を高めるか。そのためには、本筋である学習によって知を詰め込むだけでなく、その活性を高める仕組みとして「遊びが必要」と吉田は考える。

 吉田の考えの原点とも言うべき体験は、12年前に桐蔭横浜大学教授だったカワン・スタント(現・早稲田大学国際教養学部教授)との出会いだった。

NTTの研究者からの転身

 1996年、吉田はまだ「新米」の教師だった。それまで大学院を修了後、24年間NTTに研究員として勤めていた。同僚の研究員らとともに、ワイヤレス通信技術の研究を続け、30代前半まではまさに研究に没入し、「国のインフラを作るんだ」と燃え続けた。NTTだけでなく、国の機関に出向して所長を務めた経験もある。

 だが、出世するにつれて本来やりたい研究よりも、管理業務がメーンになってくる。30代後半に中間管理職となった際には、方向性の違う上司の下で働いて、体調を崩しそうになったほどだ。仕事のストレスに苦しむ吉田の姿を見かねた妻は、「気分転換に、星でも見に行かない?」と誘った。仕事のことで頭がいっぱいだった吉田は、妻のこの計らいで落ち着きを取り戻した。

 結果だけを求めてより効率的に動くことが、必ずしも正解とは限らない。むしろ、生活に遊びを取り込み、寄り道をして心を落ち着けながら働いてこそ、仕事も充実したものになる、と。以来、天体観測は吉田の趣味の1つとなった。

 「身の丈に合った仕事をしたい」と常々語る吉田は、会社での出世ではなく、かねて将来の進路の候補に入れていた大学に進むことを決意する。

 仕事で交流のあった先輩から紹介を受け、NTTに在職しながら慶応義塾大学大学院で週に1度、非常勤講師として教鞭を執った。それが96年のことだった。

社会人講座で出会ったスタント

 新米教師として1年目に、当時の自宅近所の桐蔭横浜大学で週末に開かれていた一般市民向けの講義に足を運び、スタントと出会ったのだ。

桐蔭横浜大学において、社会人大学講座で教鞭を取るスタント

 この講義は社会人向けに、連続して週末に8回程度行われるもので、毎回違う教授が講義を行う。吉田の興味は講義の中身というより、それぞれの教授がどのように講義を進めるかにあった。

 「どうすれば、学生たちに講義で自分の話により耳を傾けてもらえるのか」。それを研究すべく、吉田は社会人向け講義に足を運んだのだ。

 何気なく受けたスタントの講義で、吉田は生徒である社会人一人ひとりの目を見ながら、全身を使って話すスタントの姿に圧倒された。

 「人のために尽くすことこそ教育であり、最高の仕事である」

 そう胸を張って語るスタントに感銘を受けた。

コメント8件コメント/レビュー

私もスタント先生のマジックにかかった学生の一人です。先生が本気で教えてくれると、学生も本気になれる。学生が本気になれば、先生は何倍ものパワーでそれに応えてくれる。そんな温かさに溢れたinteractiveなスタント先生の授業を受けられた私は本当に幸せです。スタント先生が私にしてくれたように他の人によい影響を与えられるようになるのが目標です。(2008/12/19)

「本気が作る「やる気」人間」のバックナンバー

一覧

「第9講 遊びを持てば、学びが始まる」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私もスタント先生のマジックにかかった学生の一人です。先生が本気で教えてくれると、学生も本気になれる。学生が本気になれば、先生は何倍ものパワーでそれに応えてくれる。そんな温かさに溢れたinteractiveなスタント先生の授業を受けられた私は本当に幸せです。スタント先生が私にしてくれたように他の人によい影響を与えられるようになるのが目標です。(2008/12/19)

私は今大学生ですが、やはり資料をそのまま読み上げる教育スタイルはとてもつまらなく、眠ってしまいます。音読されるより自分で読んだ方がまだマシです。それに比べ、スタント先生や吉田先生のように学生と本気で向かい合い、信頼関係を構築しながら進める授業スタイルには感銘致します。遊び心があると、楽しく学ぶことができます。また、どんなに難しい内容でも遊びだと思えるため、勉強が楽しくなります。今後、このような教育スタイルが大学だけでなく、高校、中学校と浸透していくのを期待しています。(2008/12/15)

これほど受講生の心を動かすために一体どれほどの努力をされてこられたか、しているのか、想像するだけで頭が下がる思いです。世の中を変えるためには政治家や一部の権力者だけに押しつけるのではなく、社会は人が作るものだからこそ、こういう情熱と人に知られない努力を積み重ねた人達を増やすことが大切なのだろうなあと思います。私はただの技術者にすぎませんが、まず自分の行動をどうすればいいのか、まわりの人間の心を動かすためにできることはあるのだろうかと考えさせられました。(2008/12/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授