• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

真の「常識人」こそがこの危機を克服する

2009年1月10日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「『智』、『情』、『意』の三者が権衡を保ち平等に発達したものが完全の常識だと考える。」【論語と算盤:『常識とは何か』】

 「オマエは、常識がないな」と言う時、私たちは普通、「そんなことも知らないのか」という意味で使っています。親が子供に向かって「常識がない!」と叱る時は、その子の騒々しい行動は世間が受け入れない、それを子供自身が知るべきだという指導です。また、友達を「常識がない」と言ってからかう時は、その友達が世間で共有すべき知識を持っていない時でしょう。

 ところが、渋沢栄一は、常識とは知識の有無ではない。知、情、意の3つの要素のバランスの結果であると述べています。たとえ高いレベルの知識があったとしても、それだけでその人に常識があるとは言えません。真の常識とは、高いレベルの知識、情愛、そして意志が共存し、これら3つがバランスしていることなのです。

 知識や意志という碇(いかり)の存在がなければ、情があっても海の潮にもまれる流木のように流されてしまいます。一方、いくら確固な意志の持ち主であっても、知識や情愛の視点が欠けていれば、単なる頑固オヤジでしかありません。

前回の英文記事※1をご参照ください。

一人ひとり、違った常識がある

 この定義の興味深いところは、常識とは必ずしも画一的なものではなく、知、情、意のバランスを保つことさえできれば、一人ひとりが、社会の多様な価値観に基づいた自分自身だけの常識を持てるということです。

 こういった「常識人」が多い社会は常識的であり、特に偉人の存在は必要ないということが栄一の理想でありました。残念ながら、常識外れの事件や出来事が多いのが、栄一の時代でも私たちの時代でも現実です。つまり、目に映る「格差問題」ばかりに心を奪われ、一人ひとりが栄一の言う「常識人」になることに努めていないことの表れなのでしょう。

前回の英文記事※2をご参照ください。

コメント0

「渋澤 健の資本主義と道徳」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師