• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Day 6: 不況をチャンスに変える内部統制

間近に迫った報告の義務化

  • 杉田 庸子

バックナンバー

2009年1月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 Day 5では売り上げと費用に対する理解を深めることは、循環取引など不正な会計処理に巻き込まれることを防ぎ、また自社の収益力や効率性を正しく把握できるようになることで適切な経営や事業戦略を構築できるようになることについて学んだ。

 経営者そして社員一人ひとりが会計処理に対する意識が高ければ、不正な会計処理は生まれない。しかし、米エンロンの破綻の背景にあるように、行き過ぎた収益至上主義が社内にはびこると、適切な会計処理が行われず、経営者の逮捕や会社の破綻まで追い込んでしまう。米国に限らず、日本でもカネボウや西武鉄道などが不正な会計処理を行い破綻や上場廃止に追い込まれている。

 こうした状況を放置すれば、投資家の不信を招き、健全な資本市場が育たなくなるとして、米国では2004年から、日本では2009年3月期決算から主に上場企業に対して財務報告を適切に行わせるため、内部統制報告を義務化した。

 SOX法や日本版SOX法など、日本でも数年前から騒がれていたから隊員の皆さんも、耳にたこができるくらい内部統制やSOXという言葉を聞いただろう。

不景気は好機

 未曾有の不景気の中で日本が内部統制報告を始めるのは、ある意味で幸運なことかもしれない。内部統制を報告するうえでは、会社のあらゆる業務フローを洗い、どこにリスクがあるか点検することが必要になる。この不況に対応するため、業務を点検し、重要なポイントに適切に資源を配分するという作業と、大きく重なる部分もあるはずだ。

 あらゆる業務フローということは、内部統制報告の義務化は経理や監査にかかわる部門にとどまらず、言ってみれば会社の全部門の人に関係するのだ。その過程では、業務の流れを文書化したり、それまで不要だった承認を受けたりする手続きなどが出てきたりする可能性がある。

 こうした作業は何も適正な財務報告をするために限らず、効率的で安全性を高める業務運営をするためにも役立つので、普段から適宜行っているべきものだ。それが内部統制報告の制度化で、ある意味で強制的に実施させられることは、会社の収益力を高めるうえでも、大きなチャンスになりうる。実際、米国では内部統制報告実務の導入を、会社の業務効率の整備に利用した企業もある。そのことは、以前の連載「それでも必要な内部統制」で紹介している。

 しかし、仮に今、リーマン・ショックもなく景気は順調で、収益が伸びている時期ならば、「なぜ会社がうまくいっている時に、面倒な点検作業をしなくてならないのか」と思うだろう。だから、制度化でも、自分たちが生き残るために必死になって業務を見つめ直さなくてならない今のこうした時期に日本企業が内部統制報告が始まるのは好機と言えるのだ。

トップダウンの本当の意味

 日本の内部統制報告制度は、米国で2002年に制度化された企業改革法(SOX:サーベンス・オクスレ)法がベースになっている。しかし、本家のSOX法と日本版SOX法は、大きく違うものがある。

 よく言われるのが、米国版SOX法はボトムアップのアプローチを用いており、日本版がトップダウンのアプローチ、ということだ。金融庁が作成した「内部統制報告制度に関する11の誤解」でも冒頭に書かれている。

 確かに、米国では導入最初の3年間のSOX法対応には混乱が多く、結果的に、それぞれの部署が

 「業務フローチャート」
 「業務記述書」
 「リスクコントロールマトリックス(RCM)」

 といった、いわゆる内部統制を把握するのに必要な文書化3点セットを積み上げる、という形になったことは否めない。しかし、米国ではこうした文書化が大きな負担になるとして2006年には監査基準書5号が発効し、「トップダウンのアプローチを行うこと」が強調された。

コメント2件コメント/レビュー

難しい、面白い!内部統制に関して、実は経営陣が必要と思っている項目だけ徹底すれば良いと言うのは初耳でした。以前の職場では「えっ、こんな業務まで?」なフローチャートを要請されたので。然し内部統制がきちんと敷かれているかの監査はツーカーのコンサルが請け負うとは限りません。「全社に徹底してないじゃないですか」と責められるリスクもあります。また、「いやいや、ここは放置で良いんですよ」と言われたのを鵜呑みにしていたら実は其処が企み事の温床となっている可能性もあるのでは、など色々考えさせられました。(2009/01/14)

「NBonline的 会計ブートキャンプ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

難しい、面白い!内部統制に関して、実は経営陣が必要と思っている項目だけ徹底すれば良いと言うのは初耳でした。以前の職場では「えっ、こんな業務まで?」なフローチャートを要請されたので。然し内部統制がきちんと敷かれているかの監査はツーカーのコンサルが請け負うとは限りません。「全社に徹底してないじゃないですか」と責められるリスクもあります。また、「いやいや、ここは放置で良いんですよ」と言われたのを鵜呑みにしていたら実は其処が企み事の温床となっている可能性もあるのでは、など色々考えさせられました。(2009/01/14)

私は中小企業の技術担当ですが大変参考にさせていただいております。6Dayまでですが、腑に落ちない点があります。それは会計基準により非常に短期的な見方しか経営者は出来なるなるのではないか?という疑問です。事実当社の経営者も長期的視点に立てなくなっているように思えます。本当に現在の会計基準は正しいのでしょうか?原価計算も先を読んで価格設定が出来ません。その結果が合理化=リストラになってジリ貧の傾向から脱却できません(優秀な人がいなくなる)。この会計基準を経営にどう生かせばよいのか、コメントをお願いします。(2009/01/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長