• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Final:あなたの正解はいくつ?

  • 杉田 庸子

バックナンバー

2009年1月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最終日の今日は答え合わせ。隊員は、答え合わせに当たって、結果だけではなく、なぜ自分がそう考えたかまでさかのぼって、考えてほしい。なお、トラックバックで回答を公開してくださった隊員の皆様、ありがとうございます。すべて貴重なご意見として拝見しました。ここでお礼を申し上げます。

■Day 1 (難易度 やや難しい)
 以下に挙げてある4つの企業の連結財務諸表を見て、それぞれがどの会社であるか、考えてください。どうしてそう考えたかの理由も書きとめてみましょう。
なお、勘定科目は適宜変えてあります。

 答: A社 ソニー
    B社 日産自動車
    C社 セブン&アイ・ホールディングス
    D社 ソフトバンク

 財務分析を行うと答えがクリアになる。Day 2に部分的に公開したが、以下のような項目の財務分析を行ってから宿題に取り組むと、正解への早道だったはずだ。

 A社のソニーは、正社員8000人を含む1万6000人を削減すると発表し、世間に衝撃を与えたことは記憶に新しい。確かに財務諸表を見れば、営業CF(CF)は1440億円の赤字で、厳しい台所事情がうかがえる。

 B社の日産自動車は、営業CFはプラスだが、投資活動による支出はそれを上回る。自動車業界は設備投資の大きい産業であり、「V字回復」後、攻めに転じた同社が投資を増やしたことで、投資CFが営業CFを一時的に上回り、フリーキャッシュフロー(営業CF-投資CF)が赤字になっている。

 こうした状況はライバルのトヨタ自動車も同様で、日産だけが特別ではない。企業は攻めのための先行投資を行う時もあり、その時にフリーCFは赤字になりがちで、フリーCFが赤字でも、それだけではマイナス材料ではない。

 ただし昨今の金融危機から派生した不況で、自動車産業は世界的な販売不振に陥っている。こうした状況でフリーCFが続くと、財務基盤が弱体化していく可能性が高いので、CFの動向は注視しなくてはならない。

 C社のセブン&アイ・ホールディングスの特徴はDay2を参照してほしい。

 D社のソフトバンクがこの4社の中で特徴的な部分がある。それはソフトバンクの連結の有利子負債比率(デッド・エクイティ・レシオとも言う)が他社に比べて、非常に高いことだ。ソニーは38%、セブン&アイは46%、日産は126%に比較し、ソフトバンクは289%と飛びぬけている。つまり有利子負債が、自己資本の3倍近い水準に達しているのだ。ソフトバンクは以前、ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)などの大型買収で2兆5000億円という多額の有利子負債を負っている。

 孫正義社長は「携帯電話事業で十分にキャッシュフローを稼げているし、ボーダフォンの買収に伴う銀行団からの借入金も当初予定より早いペースで返せている」とする。現在のような経済環境で借入金を高めて事業拡大するレバレッジ経営はリスクがあるのは、この回で説明した。同社の返済計画が順調に推移するかは注目したいところだ。

 ちなみに、数人の隊員から「連結ベースではセブン&アイや日産は金融業も行っており、単純に小売や自動車といえないと思うが、どうやって比較するのか」という質問を受けたが、今回あげた4社はすべて本業の割合が高い企業群である。セブン&アイはスーパー事業とコンビ二事業で95%、日産は自動車事業で94%、ソニーがエレクトロニクス事業で75%、ソフトバンクが通信業で82%あるため、財務分析には本業の状態がよく表れていたはずだ。

■Day 2 (難易度 簡単)
 ○か×で答えよ。

 1. 話題の国際会計基準のコンバージェンス(共通化)。日本基準で作成するのと国際会計基準で作成されるのでは、同じ会社の営業キャッシュフローの金額は異なる。

 答:×

 キャッシュフローは、会計基準によって金額が変わることがない「絶対」な数値であり、だからこそ比較に当たって有用である。

 2. 減価償却費は営業キャッシュフローの「一部」である。

 答:×

 減価償却費は「お金の出て行かない費用」であり、当期利益から営業キャッシュフローを求めるに当たっての除外項目であって、キャッシュフローの一部ではない。

 3.  破たんした米投資銀行大手のリーマン・ブラザーズは、破たん直前の営業キャッシュフローがマイナスであった。

 答:○

 破たん直前どころか、2004年からずっと営業キャッシュフローは赤字だった。その穴埋めは、借り入れやその返済、増資などの項目を取り入れる財務キャッシュフローをプラスにすることで、会社が持つ現金及びその同等物を整えていた。事業会社と異なりリーマンのような金融機関は、キャッシュフローの区分があいまいになるのは確かだが、それでも同社がどれほど借り入れに依存した高レバレッジのビジネスを行っていたかは明確だ。

コメント6件コメント/レビュー

隊長です。「会計基準が異なれば、(報告)会社のScopeも変わりますので、 必然的に営業キャッシュ・フローの金額も異なると思います。」とのご質問にお答えします。厳密な話をすれば、おっしゃる通りだとおもいます。会計基準が異なって、連結の範囲がかわり、連結売上高、連結当期純利益もかわりますし、連結営業キャッシュフローも変わることはあるでしょう。ただ、ここでの質問の趣旨は、同じ会社(同じスコープで連結した会社、と読み替えていただいて結構です)の純粋なキャッシュの増減は会計基準に左右されない、ということを確認したかったということであり、隊員の皆さんをひっかけようとおもっていたわけではないということで(笑)ご理解いただければ幸いです。(2009/01/19)

「NBonline的 会計ブートキャンプ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

隊長です。「会計基準が異なれば、(報告)会社のScopeも変わりますので、 必然的に営業キャッシュ・フローの金額も異なると思います。」とのご質問にお答えします。厳密な話をすれば、おっしゃる通りだとおもいます。会計基準が異なって、連結の範囲がかわり、連結売上高、連結当期純利益もかわりますし、連結営業キャッシュフローも変わることはあるでしょう。ただ、ここでの質問の趣旨は、同じ会社(同じスコープで連結した会社、と読み替えていただいて結構です)の純粋なキャッシュの増減は会計基準に左右されない、ということを確認したかったということであり、隊員の皆さんをひっかけようとおもっていたわけではないということで(笑)ご理解いただければ幸いです。(2009/01/19)

隊長です(先生はやめてくださいね、笑)「減価償却費は営業キャッシュフローの『一部』であるが納得いきません」の質問にお答えします。キャッシュフロー計算書の作り方ですが、営業キャッシュフローに関しては、直接法と間接法という二つの作成方法があります。直接法は、売上からのキャッシュフロー、仕入れからのキャッシュフローというように、それぞれの項目ごとにキャッシュフローを集計していく手法、間接法は、税引前当期利益からスタートして、キャッシュフローを伴わない損益項目を除外していくことで、最終的に営業キャッシュフローを求めます。実務ではほとんどの会社は間接法をつかっており、今回例示に用いた4社もすべて間接法を使っています。減価償却費はキャッシュフローを伴わない費用ですので、営業キャッシュフローの一部ではありませんが、間接法を使用したキャッシュフロー計算書上は、当期利益からキャッシュフローを求めるにあたっての「除外事項目」として表示されます。営業キャッシュフローの区分については、参考書をご覧になるより、「連結キャッシュ・フロー計算書等の作成基準」注解3をご参照ください。(注3)「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分について 「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分には、例えば、次のようなものが記載される。  (1) 商品及び役務の販売による収入  (2) 商品及び役務の購入による支出  (3) 従業員及び役員に対する報酬の支出  (4) 災害による保険金収入  (5) 損害賠償金の支払(2009/01/19)

■Day 2 1. 話題の国際会計基準のコンバージェンス(共通化)。日本基準で作成するのと国際会計基準で作成されるのでは、同じ会社の営業キャッシュフローの金額は異なる。  答:×とのことですが、ここでいう会社とは、単体の個別財務諸表上のことでしょうか?連結も含むものでしょうか?会計基準が異なれば、(報告)会社のScopeも変わりますので、必然的に営業キャッシュ・フローの金額も異なると思います。例えば、(会計基準の異なる、米国会計基準を採用している)三菱UFJフィナンシャル・グループの営業キャッシュ・フローについては米国会計基準と日本基準とで数値が異なっていますよね。そのため、本件の答えは○ではないでしょうか?(2009/01/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長