• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

資本の真髄は所有でなく信用である

True Implications of Capital

2009年1月17日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

会社の重役たる名誉も会社の資産も、多数株主から自分に嘱託されたものであるとの概念を有ち、自己所有の財産以上の注意を払つて管理しなければならぬ。【青淵百話:『事業経営に対する理想』】

 資本と経営の分離に伴う義務、つまり、コーポレートガバナンスとは、決して最近になって言われるようになった、欧米的な経営概念ではありません。100年以上前、資本主義という経済体制がに日本へ外来した時代から存在していた考え方なのです。

 A corporate executive faces various challenges from competitors, economy, and financial markets. His responsibilities are multi-faceted that must look after the interests of customers, suppliers, employees, shareholders and other stakeholders in society. As such, managing a corporation is a very complex endeavor. Therefore, what are the “ideals” that a top executive should strive for in corporate management?

 Eiichi Shibusawa’s “ideal” was a sense of duty that executive should hold dear to his heart. “If a corporate executive was chosen by the shareholders to manage a corporation,” Eiichi says, “then the executive must understand that his chair as well as the assets of the corporation was entrusted to him by many shareholders.” For Eiichi, it was clear that the executive must conduct himself as fiduciary to serve the interests of the shareholder.

  “Therefore the corporate executive must manage the company’s assets more carefully even than his own personal assets,” says Eiichi. Imagine his dismay if Eiichi were to learn that about a century later, many top Wall Street executives earned several hundred million dollars worth of compensation, even while the firms that they managed either went bankrupt or had to be acquired at depressed share prices by other institutions.

コメント0

「渋澤 健の資本主義と道徳」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長