• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

高い道義心が新たなビジネスを生む

2009年3月7日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

事業の方では、軍事上の事務のように一々上官の命令を待っているようでは、とかく好機を逃し易い【論語と算盤:『理論より実際』】

 数カ月前に、某銀行の支店から連絡の電話が入りました。その日の午前中のミーティングの合間に、支店に設置してあったATMで某信用金庫の口座へ送金しましたが、どうやら何か問題があって信用金庫が振り込みを受け入れてくれなかったようです。

 その信用金庫は、銀行のオンラインシステムに加入していなかったようで、振込先の口座番号を入力しても、口座名が自動的に確認できず、口座名を1文字ずつ入力しなければなりません。ただ、入力できるのは、40文字まで。そして、振込先の口座名は、40文字以上でした。

 40のカナ文字を人差し指で入力するのは、かなり時間がかかります。ミーティングの約束時間が迫ってきました。そのため、常識的に誰が見ても、口座番号と照合できるように口座名を省略して入力しました。この“常識”が、銀行間では通じなかったようです。

マニュアルを棒読みしているような担当者

 電話で応対していた窓口担当者は、口座名が40文字以上の場合は、左から40文字まで入力するのが手順であると言いました(そのようなガイダンスがATMの入力スクリーンに表示してあった記憶がありませんでした。確かに店内の振込申込書にはそのようなことが記載してあった覚えがあります)。

 まるでマニュアルを棒読みしているように、窓口担当者は、私が再び来店して申込書を再記入する必要があることを説明します。

 「それは、できません」と、私は答えました。

前回の英文記事※1をご参照ください。

 9カ月ほど前の、同じ銀行の違う支店での苛立たしい体験がよみがえったからです。

 それはこんな体験でした。

コメント0

「渋澤 健の資本主義と道徳」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長