• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第28話「売り上げを増やすのは難しい。でも利益を増やすのは簡単です」

2009年3月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 ジェピー創業者・財部文治の妻で今の社長、財部益男の母であるふみは、心筋梗塞をわずらって東京・飯田橋の病院に入院していた。ふみは文治の死後、その持ち株をすべて相続し、ジェピーの株の大半を所有する実質的なオーナーだった。益男の妹、早百合は母を献身的に看病していた。

 経理課長の細谷真理は、長野工場に出張し、現場の様子を自分の目で見てきた。長野工場の金子順平は、仕掛かり在庫が溜まり、売り上げが増えないと真理に言った。真理はその問題の原因が検査工程にあることを知り、その問題について達也に相談した。

 飯田橋のふみのマンション

 飯田橋駅から程近い高層マンションにふみは暮らしていた。体調は回復したとは言えないが、退院後は通院に便利なこのマンションに引っ越して娘の早百合と暮らすことにしたのだった。

 息子の益男はというと、あの株主総会の後に一度会ったきりで、その後は電話もかけてこない。ふみは、連絡がないのは何も問題が起きていないことだと思うようにしていた。

 そんなある日、益男から早百合の携帯電話に、近くに来たからこれから寄る、との連絡が入った。

 小一時間もたたないうちに、玄関のチャイムが鳴った。

 早百合がモニター画面を見ると、そこには紙袋をぶら下げた益男が映っていた。重い扉を開けると、益男は「良いマンションだな」と言って紙袋を早百合に渡した。

 「おまえの好きな、アンヌのショートケーキだ」
 「ありがとう。お母様がお待ちよ」

 早百合は兄の益男を、ふみが待つリビングに案内した。
 「やあ、元気そうだね」
 益男が声をかけると、ふみはうれしそうに微笑んだ。

 「どう。会社は順調なの」
 ふみが力のない声で聞いた。

 「来月本社が蒲田に移るんだ。そうなれば、資金繰りは楽になる」
 「団さん、頑張っているそうじゃない」

 「……」
 ふみは、益男の顔がかすかに歪んだのを見逃さなかった。

 「さあ召し上がれ」
 早百合は紅茶とショートケーキをテーブルに並べた。柑橘系のベルガモットの香りが漂った。

 「アールグレイだな。ほっとするよ」
 益男は紅茶を美味しそうにすすった。

 「何か問題でも起きたの」
 心配そうにふみが聞いた。益男がふらっと現れる時は、決まって何かあるからだ。

 「……」
 益男は黙ったままケーキを口に入れた。

 気に入らないことがあると、益男は決まって黙り込む癖がある。

 「相談があってね」
 益男はやっと重い口を開いた。

 「団のやつ、自分を社長だと勘違いしている」
 益男はケーキを食べるのを止めて話し始めた。

 「どういうこと?」
 「社長のように振る舞うんだ」
 益男の口元が震えだした。

「「熱血!会計物語 ~経理部長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第28話「売り上げを増やすのは難しい。でも利益を増やすのは簡単です」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長