• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「水ビジネス」が未来を潤す(前編)

水を巡る戦いは始まっている

  • 飯野将人,堤 孝志

バックナンバー

2009年4月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回連載からお休みが長くなってしまった。このところ筆者も本業が忙しく本連載がお留守になってしまったが、ご容赦願いたい。今回は水ビジネスについて。

あるところにあるが、ないところにはない水資源

 日本で暮らしていると、水不足を感じることはない。水道の蛇口をひねれば水が出てくるし、大抵の場合そのまま飲める。だが世界全体では水不足という。拙訳書『クリーンテック革命』でも石油に加えて今後水が貴重な資源になるとされる。

 水は地球全体で約14億立方キロメートルある。膨大に感じるが、そのほとんどは海水であり、淡水で人間に利用できる量はその1%に満たない。

出典:国土交通省土地・水資源局水資源部「平成19年版日本の水資源」

 100万人当たりの年間の水需要は2000年時点で4000キロ立方メートル(SHI and UNESCO(1999))。1人当たりでは4000立方メートルの水が必要ということだ。

 一方1人当たりの水資源量を世界平均にすると8000立方メートルとなり、世界中でならしてみると足りていることになる。しかし水資源量世界最大のカナダの国民が1人当たり9万立方メートル保有するのに対してエジプト、シンガポール、サウジアラビア、クウェートでは1000立方メートルに満たない。

 水は「あるところにはあるがないところにはない」という、偏在した状況にあるということだ(国土交通省土地・水資源局水資源部「平成19年版日本の水資源」)。

 このような国際的な資源の偏在は物理的には融通し合うことで解決できるはずだが、一口に「融通」と言っても利害や安全保障の関連性から一筋縄ではいかない。水は貴重とだが長距離を輸送するコストに見合う付加価値を見込むのが難しい資源でもある。

 水問題は地域ごとに完結した地産地消の枠組みで考えざるを得ない。

水ストレスを感じる人間

 この結果、今日約7億人が「水ストレス」を感じている。

 水ストレスとは1人当たりの最大利用可能水資源量が1700立方メートル以下の状態を指す。これはヒト1人が1年間生きてゆくのに4000立方メートル要るところ1700立方メートルしかないということだ。

 また生活スタイルの変化に伴って1人当たりの水需要は2025年には3割増の5200立方メートルに増加すると見込まれている。そして2050年には水不足に直面する人口が10億人に達すると予想されているのだ(国連開発計画=UNDP=「Human Development Report 2006」)。

出典:SHI and UNESCO (1999)

コメント3

「NEXT BIG THING キャピタリストが見る新潮流」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員