• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第31話「ただ、あの会社の知的財産はすごいんです」

2009年4月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 ジェピー社長の財部益男は、役員会のメンバーが経理部長の団達也の意見にばかり耳を傾けることが面白くないと感じていた。役員会議の場で益男の堪忍袋の緒は切れ、ジェピー経理部長でCFOでもある団達也に向かって「金輪際、経理以外のことには一切口を挟まないように」と言った。

 アメリカの投資ファンド、マインスリー社の日本支社長であるリンダは、ジェピーが持つ知的財産を狙っていた。そのために様々な策を講じていた。

 ジェピーの元専務、間中隆三はジェピー内部の混乱に乗じて、会社に舞い戻ることを画策していた。それは、自分を追いやった達也に仕返しをするためでもあった。

根津の寿司屋

 「ひどい会議だった」
 達也はうんざりした顔でグラスのビールを飲み干した。

 「聞いたわ。社長が団さんに経営には口を出すなって言ったんですって」
 「その話、どこで聞いたの?」

 益男が会議で激高したことを、真理は達也が話す前から知っていたのだ。
 「昼休みに給湯室で女の子たちが話していたから…」

 達也は耳を疑った。半日も経たないうちに、社内はこの話題で持ちきりになったということだ。むろん、噂を流した犯人は分かっている。経理部の田中だ。彼は会議を盗み聞きしただけでなく、ICレコーダーに録音までしようとした。何らかの意図を持っていたに違いない。そして、三沢常務に見つかると、開き直って辺り構わず言いふらしたのだ。

 「彼女たち、楽しそうに話していました」
 ネガティブな話題ほど、他人に伝えたくなるものだ。

 (田中のヤツ…)
 怒りで、達也の顔が真っ赤になった。

 「これからは経理部長の仕事だけをするつもりですか?」
 「冗談じゃない。オレは進めている改革は止めない。絶対にジェピーを立ち直らせてみせる。社長になんと言われようと、陣頭指揮を執るつもりさ。

 長野工場の生産性を倍に上げ、会社全体の現金化日数を10日以内に縮める。スポンサーのジェームスと密にコンタクトを取り、売り上げ増大のカギを握るASEANへも製品を売り込む。これらすべてを完璧に実行できるのはオレしかいない。創業者の子供というだけで、何の取り柄もない男に何ができると言うんだ。ジェピーがなんとか持ちこたえているのは、誰のお陰と思っているんだ…」

 こう言い放つと、達也はグラスに日本酒を注ぎ、一気に飲み干した。

 「団さん。体に悪いですよ」
 真理は達也の手からコップをそっと取り上げた。

 「どんなことがあっても、私は団さんについていくと決めている。でも、絶対に社長とはケンカはしないでください」
 と言ったものの、真理は達也の話の内容に、釈然としないものを感じていた。達也は優秀で、行動力もある。達也がいなければ、ジェピーは人手に渡っていたに違いない。誰もが達也の働きを尊敬している。とはいえ、人はこれほどまでに絶対の自信を持てるものなのか。達也は、スーパーマンではない。今の達也には謙虚さが感じられないのだ。

「「熱血!会計物語 ~経理部長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第31話「ただ、あの会社の知的財産はすごいんです」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長