• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

プロローグ:「社員稼業」

2009年4月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今から8年前の2001年、経営危機とも言える状況に陥った松下電器産業(現パナソニック)は社員、OBをも巻き込むリストラに取り組む一方で、新しいタネまきをしていた。

 パナソニック・スピンアップ・ファンド(PSUF)。同社の創業者である松下幸之助のような起業家精神を持つ社員のアイデアに投資する社内ベンチャー制度を始めていた。事業案件の審査には社外の専門家を入れ、立ち上がった後も経営のプロにチェックさせるなど、社内ベンチャー制度特有の甘さを排除。さらに、新会社は3年で黒字化、5年で累損を一掃しなければ解散させるのが条件だった。

 これまでに571件の応募があり29社が設立した。その中で生き残った会社は・・・。

 パナソニックから生まれたベンチャーたちを追う。


 PSUF出身のベンチャー社長に注目した理由は3つあります。

中長期的な視点に立った経営判断は正しかったのか

 経営理念以外聖域はない――。2001年の松下電器産業(現パナソニック)の改革は高い関心を集めました。「45歳以上の社員は要らない」「OBも一緒にリストラの苦労を」といった刺激的な言葉が飛び交ったリストラは世間でも話題を集めました。もはや社内の新しい事業に挑戦することなど無理ではないか。当時の社員のマインドは委縮していました。

 そんな“空気”を真っ向から打ち破るべく導入したのがこの社内ベンチャー制度だったのです。

パナソニック・スピンアップ・ファンドのホームページ
(画像をクリックするとページへジャンプします)

 制度の目的は「起業家マインドの具現化と自由に挑戦できる企業風土の醸成」でした。導入当初は、具体的な例もなく取り上げづらかったのですが、8年立ちました。厳しい時期にも中長期の視点で意思決定をし継続的に実践してきた姿勢には見習うべきものがあります。実際、自由に挑戦できる風土は生まれたのでしょうか。社員が目指したいと思う実例は何件か出てきたのでしょうか。この制度を通じて振り返ることで、「中長期的な視点に立った経営力」を見ていきたい。これが第1の理由です。

珍しい理念ありきのベンチャー

 もう1つの理由は、「経営理念を持つベンチャー企業」への興味です。ベンチャー経営者たるもの自分で始めた事業への関心がないものはいません。が、会社の設立当初から確固たる経営理念を確立している社長は少ないのです。乱暴な言い方かもしれませんが、理念よりも最初は明日のおカネ。会社を潰してはならないと考える経営者にとっては「まずは今日・明日の仕事が大事」なのです。

 ところが、実際にヒトを雇い、気持ちよく働いてもらおうと考え出すと、会社で働く意義が必要になってきます。社長はなぜ働くのか。社員はどうすればやる気になってくれるのか。「仕事の意味、人生の味」を求めていくと経営理念に辿り着いていきます。

 日経ビジネスオンラインでは「強い会社は社員が偉い」などで理念を重視する新しいベンチャーを取り上げていますが、そうしたベンチャーの中でも今回のPSUFベンチャーたちはちょっと変わっています。

コメント2件コメント/レビュー

すでにある権利を放棄するのは大変です。社員も経営者であるという考えは共感するもがあります。しかし、勤め人の感覚からすると上の命令を聞くのが当たり前。学校でいえば、教師の教えは正しく、与えられたものを正しく出力できれば優等生ある。そして、いい大学(地位)を手に入れば、自分の教えが正しいとなる。それは気持ちがいいから、それを維持する制度を作ってしまう。下の人には正しいと信じてやまないように子供の時から刷り込む。学生と社会人の意識の格差、社長と社員の格差は考え方の違いが大きい。それは刷り込まれた教えであり、それを経験を通して体験した時に確信となる。間違いを確信してしまうと修正が難しく恐ろしい。優れたものがなくなる理由かもしれません。(2009/04/08)

「幸之助の遺伝子」のバックナンバー

一覧

「プロローグ:「社員稼業」」の著者

瀬川 明秀

瀬川 明秀(せがわ・あきひで)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ビジネスアソシエなどを経て、日経ビジネスオンライン開設後はオンライン編集がメインの業務。2012年からは日経BPビジョナリー経営研究所の研究員を兼務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

すでにある権利を放棄するのは大変です。社員も経営者であるという考えは共感するもがあります。しかし、勤め人の感覚からすると上の命令を聞くのが当たり前。学校でいえば、教師の教えは正しく、与えられたものを正しく出力できれば優等生ある。そして、いい大学(地位)を手に入れば、自分の教えが正しいとなる。それは気持ちがいいから、それを維持する制度を作ってしまう。下の人には正しいと信じてやまないように子供の時から刷り込む。学生と社会人の意識の格差、社長と社員の格差は考え方の違いが大きい。それは刷り込まれた教えであり、それを経験を通して体験した時に確信となる。間違いを確信してしまうと修正が難しく恐ろしい。優れたものがなくなる理由かもしれません。(2009/04/08)

「“与えられた”仕事を“やらされている”のが当たり前」では単なる形骸化であると思う。バブル崩壊・失われた10年から今日まで、大体の企業ではこのような体質であったが故に企業の経営、さらには日本経済が失速した一因にもなっているのではないかとも思う。“与えられた”仕事を“やらされている”のが当たり前ではバイトと同じだろう。“与えられた”仕事を“やらされている”ではなく、そこから何かを自らが学び、自らを少しずつ大きくしていくことが、自らの発展にもなり、企業の発展にもつながるものだと思う。今、そういう日本人が少なくなっているのが実状ではないのか。(2009/04/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長