• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「間違いを起こさなかった人が偉くなる」社会のままでいい?

2009年5月16日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私の父は銀行員でした。子供の頃に、何回も聞かされた父の若き行員時代の昔話があります。勤務先の支店の1日の営業時間が終了した後に残高を照らし合わせる作業があるが、勘定が1円でも合わなかったら、全員が残業して最初から数え直して精算するのだと。私は、自分が大人になったら、絶対に銀行では仕事をしたくないなと思いました。

「どんな人が銀行で偉くなるか知っているかい?」

 米国で育ち、大学を卒業した後に日本へ帰国しました。副職で英会話を大学生に教えていましたが、勉強時間が終了すると、その家のお母さんがビールを出してくれて、会話が(日本語で)弾みました。時々、その家のお父さんも一緒にビールを飲みましたが、彼も銀行員でした。顔を真っ赤にして、笑顔で私に問いかけます。「君はどのような人が銀行で偉くなるか知っているかい?」。

 新規の貸し出しを増やし、収益を上げることかなと思いました。ところが彼の答えは想定外でした。

 「なんとか間違いを起こさなかった奴らが偉くなるんだよ」

 しばらく私は言葉が出ませんでした。大学を卒業したばかりで何も知らない未熟者でありましたが、1つだけ確信しました。絶対に銀行には勤めたくないと。

前回の英文記事※1をご参照ください。

 数年後、私は投資銀行に勤めていました。日本国債の金融市場での仕事でしたから、支店で1円単位のお金を数える必要はありませんでしたが、毎日、銭単位(円の百分の一)に集中する仕事でした。日本の銀行に勤めた経験はありませんが、長年、仕事の相手の多くが銀行員でした。

 優秀な方々ばかりで、世界で活躍できるような人材も少なくありません。ただ、特に最近は、このような優秀な人材を誇る日本の銀行が、世界的に競争力があるとは評価されないようです。この矛盾の原因は何でしょうか。日本初の銀行を創立した渋沢栄一の言葉に、その答えがあるように思います。

 「従来の事業を大事に保守しあるいは過失失敗を恐れて、ためらう弱い気力では到底国運のあとへひく」

前回の英文記事※2をご参照ください。

コメント5

「渋澤 健の資本主義と道徳」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監