• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第4回】「デザインが良いね」と言う人には気をつけろ

経営陣はだまされ、現場の議論はかみ合わない

  • 松田 大介

  • 久次 昌彦

バックナンバー

2009年6月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、「デザインに今の苦境を乗り越えるヒントがあるのでは」という期待をもって、製品戦略の際にデザインに関するものがクローズアップされるようになってきている。米アップルのiPodやMacBook、サイクロン方式の掃除機の英ダイソンなどはその代表例だ。

 そんな事例を聞くと、自社の製品についてもデザイン志向の製品を投入したくなるものではないだろうか。

 今回は、仮に、そんな状況で「デザイン」に関する議論が行われたら、どんな話が展開されるのか、というところからスタートしたい。この議論の参加者には事前にアイデアを準備してもらっている。さて、参加者はどのような視点で、アイデアを持ってくるだろうか。これから、実際に筆者が参加したことがある、とある議論の発言を再現する。

「デザイン志向の新製品開発」で議論がされる時

 この議論の参加者だった下村氏(仮名)は、グッドデザイン賞を受賞した三菱重工業の印刷機の例を持ってきた。この機械の利用者が愛着を持って手入れをマメにするようになったため、結果として設備の稼働率が上がったり、工場をきれいにしようという意識が向上して5Sの達成度が向上したりするといった話を聞いたそうである。彼は生産ラインの現場での勤務経験があったため、このような話に思わず意識が向いたようだった。

 「工場の中にある産業機械は、性能が発揮できれば十分だ」という発想からは、想定できない効果を、デザインを強調することで発揮することができるのでは、というのがこの下村氏の主張だった。

 この話を聞いた参加者の山沢氏(仮名)は、「ダイソンの掃除機も興味深いんですよね」と言った。彼は商品企画部門での経歴が長い。先日、地下鉄の銀座駅のとある場所でダイソンの掃除機が分解されているディスプレーを見て、ダイソンの話題を持ってきていた。そんな彼が述べたのは、ダイソンの掃除機では、吸引したゴミが見えるような製品設計がされていることだった。

 ゴミが見えることで、利用者がこまめにゴミを捨て始めたのではないか、というのが山沢氏の考えだった。「ゴミをこまめに捨てることで、ゴミによる目詰まりが解消されて吸塵力が落ちない」という商品設計の視点でデザインについて意見を述べたのである。

技術志向とデザイン志向の違い

 「国によって、好まれるデザインには違いがあるそうなんです」。これまでの議論の流れとは少し違った視点で述べたのは、大石氏(仮名)だった。彼は、製造業の生産技術に詳しく、製品のデザインから実際に製品が量産体制に入るまでのことに意識が向いていた。

 「海外を意識してデザイン志向だけで製品を作ろうとしてもうまくいかないし、機能だけで国による好みのデザインを無視すると、海外市場では期待した通りの販売目標に届かないこともあるそうなんですよね」

 確かに、デザインと機能が連携していないと、そもそも発売に間に合うことさえ危ない時もある。例えば、ある総合電器メーカーの家電製品では、デザインを決めて製品の写真等をメディアにリリースした後に、製品内の基板等の配置からCPU(中央演算処理装置)の放熱の問題にどうにも対処できなくなって、期限通りに発売できるかどうか、という状況に直面した。

 製品デザインを変えれば放熱問題に対処できるのだが、デザイン担当部門もリリース後だから製品デザイン変更については譲らない。この製品では発売直前まで大変苦労したと聞いている。

発言から見えてくること

 以上、参加者たちの発言を再現してみたが、読者は何を感じられただろうか。デザインという切り口で、議論のネタになるものを持ってきていたが、それは当然各個人の経験から生まれた視点による分別がされていたものだった。

 もともと「デザインの好みは人による」と言われている。だから、センスが必要、いや嗜好的なところがあるからダメ、そう言いながら隣のアップルの製品の成功を見て「やっぱりデザインも重要だよね」と言ってしまう。ダイソンの製品のデザインと、衣料品のデザインでは、製品化につなげるまでに検討することが全く異なる。つまり同じデザインという一括りで考えるものではない。こんなことは当たり前だと思われるだろうが、「デザインを製品戦略に絡めて議論がされる時は、この区別がなかなかされていない」というのが筆者らの実感である。

コメント2件コメント/レビュー

ものを作り上げる事は切磋琢磨でしょうね。先日、アスースのネットブック開発の模様を取り上げた番組を見ましたが、チームとして各担当のぶつかり合い、なによりスピードに驚きました。 初代フェアレディZを作った時の日本はあんな感じだったのでしょうか。 ものづくりを机上の空論で語る愚に陥らない日本でいて欲しい。 (日本バルカン砲) (2009/06/11)

「社長がだまされやすい言葉」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ものを作り上げる事は切磋琢磨でしょうね。先日、アスースのネットブック開発の模様を取り上げた番組を見ましたが、チームとして各担当のぶつかり合い、なによりスピードに驚きました。 初代フェアレディZを作った時の日本はあんな感じだったのでしょうか。 ものづくりを机上の空論で語る愚に陥らない日本でいて欲しい。 (日本バルカン砲) (2009/06/11)

工業デザインに従事している者です。いかにもデザインの現場を知らない人が半可通な知識をちりばめて書いた文章という感じで、一体何が言いたいのか分かりませんが、一つだけ明らかな間違いがあるので指摘しておきます。ダイソンの掃除機は、ゴミが外から見えるデザインだから、使用者がこまめにゴミを捨てるから目詰まりしないという件ですが、サイクロン式の掃除機は紙パック式等とは違い原理的に目詰まりというものがありません。逆に紙パックがないのでゴミが見えるデザインができたというのが本当です。自分の精通していない分野に関する文章を書いて収入を得るのであれば、もっと勉強が必要と思われます。(2009/06/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授