• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第38話「リーダーシップとは、面倒な人間を排除することではない」

2009年6月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 ジェピー社長の財部益男は、アメリカの電子部品大手、UEPCのCEO、マイケル・ウッズの招待を受け、ニューヨークにいた。マイケルの自宅で催された豪華なパーティーでもてはやされ、益男は自らがグローバルな舞台で活躍するトップエグゼクティブの仲間入りをしたことに酔いしれていた。豪華ホテルで一夜を過ごした翌朝、益男はマイケルとの約束通り、UEPC本社にタクシーで向かった。

 UEPCのCEO室に通された益男は、1枚の合意書をマイケルに見せられた。マイケルは今すぐ、署名せよと益男に迫った。そこにはキース・ジャクソンという弁護士が同席していた。

 益男が署名を躊躇していたその時、携帯電話が鳴った。妹の早百合からだった。心臓病を患って療養中の母、ふみが倒れたという知らせだった。ふみは、ジェピーの創業者の未亡人で、大株主でもあった。

 益男は通りに出てタクシーを拾うと、急いで乗り込んだ。体が震えだし呼吸が粗くなった。タクシードライバーはバックミラーをのぞき込み、何度も「アーユーオーケー」と繰り返した。10分ほどでホテルに着いた。益男は震える手で20ドル札をドライバーに渡すと、お釣りも受け取らずにホテルに駆け込んだ。

 「どうしたんですか?」
 美智代は驚いた。あんなに胸を躍らせて朝早く出かけていった夫が、ものの2時間もしないうちにホテルの部屋に戻ってきたからだ。

 「お袋が…病院に運ばれた…。もうダメかもしれないって早百合から電話があった」
 母親が危篤だというのに、なぜか益男には悲壮感が感じられなかった。

 「この2、3日がヤマ場らしい。お袋が倒れたのはこれで2度目だから、心の準備はできている」

 どうも急いで戻ってきたのには、ほかに理由がありそうだ、と美智代は思った。
 「UEPCとのお話はうまくいったのですか?」

 「危なかった。覚え書きにサインする寸前だった」
 (やっぱりそうだったんだわ…)

 美智代は夫がサインせずに戻ってきたことを知り、胸をなで下ろした。
 「すぐに日本に帰りましょう」

 夢のようなもてなしは罠だったのだ。UEPCの蟻地獄から逃れるには一刻も早くここを去るしかない。それに、日本ではふみが益男の帰りを待ちわびているに違いない。

 気分が落ち着いたのか益男はUEPCでの出来事を話し始めた。

「「熱血!会計物語 ~経理部長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第38話「リーダーシップとは、面倒な人間を排除することではない」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員