• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

逆境を嘆く前に克服する強さを

The Legacy of Overcoming Misfortunes

2009年6月6日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ポーランドというと、日本人にとっては遠い国に感じるかもしれません。ポーランドは日本の友好国です。また、東西の狭間に位置する旧共産圏が資本主義へと社会が発展する過程において直面した課題は、日本と相似点と相違点の両方があります。

 I had the opportunity to visit Poland for the first time, to participate in a Poland-Japan conference to discuss cultural similarities and differences. For most Japanese, Poland probably feels like a very distant country. However, Warsaw was the first city outside of Japan, where I saw more Sushi restaurants than Chinese.

 Because Japan defeated Russia, Poland’s nemesis, in the Russo-Japanese War, many Polish people seem to have a positive historic image of Japan. Also, during 1920-21, the Japanese Red Cross and government saved 765 Polish orphans from Siberia and sent them back to Poland. And, in 1995, Poland reciprocated by inviting children who suffered trauma after the Hanshin-Awaji earthquake.

 In the conference, we discussed a range of topics including corporate governance, small businesses, competition and social responsibility of corporations. Poland offers an interesting perspective in that they are participating in the prosperity as well as the difficulties of a western capitalist society, after many years ruled under the Communist regime.

 One Polish academic said that in the Polish language, the word, “business” has negative connotations, while another did not agree with her assessment. It appears there is an interesting mix of values within Poland.

「ワルシャワ蜂起」を乗り越えたポーランド

 ポーランドは、2004年に欧州連合国(EU)に加盟しました。インフラ、法制度、労働組合などいろいろな課題を抱えていますが、近年は日本からの直接投資が増え、日本企業が製造拠点として進出しています。

 Poland joined the European Union in 2004 as the largest (in terms of population and GDP) of the 10 central and eastern European countries. This entry has sparked an increase of foreign direct investment from Japan, and presently, there are over 230 Japanese companies operate in Poland.

 This includes about 70 factories, such as a Toyota’s engine plant and Sharp’s LCD plant, and the produced goods are exported to other parts of Europe.

 However, there are still problems with road infrastructure, complexity of legal issues, and labor unions. A Polish businessman told me that labor unions are still proud that they earned Poland’s freedom with the Solidarity Movement. “Yes, thank you, but perhaps it is time to move on,” he says.

コメント4件コメント/レビュー

学生時代ヨーロッパに行くのにアエロフロートをよく利用しました。そこで2度ポーランド人と隣になり沢山話をしました。どの人にも共通して感じられたのはやさしくて温かいけど哀しい雰囲気を漂わせていました。一度目はお医者さんとレントゲン技師のグループ、背広を大切そうににたたみ、ズボンのおしりのところはきれいに繕ってありました。日本ではお医者さんと言えばお金持ちで贅沢というイメージですが、そんな感じは全くなく地味で知性に満ちていました。もう一人は日本人と結婚しているポーランド女性、ポーランド人は貧しいから仕事があればどこにでも行くし、必要だから外国語は何ヶ国語も話す。と言っていました。底力がある人達だなと思いました。そんなポーランドが頑張っていると知りうれしくなりました。(2009/06/08)

「渋澤 健の資本主義と道徳」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

学生時代ヨーロッパに行くのにアエロフロートをよく利用しました。そこで2度ポーランド人と隣になり沢山話をしました。どの人にも共通して感じられたのはやさしくて温かいけど哀しい雰囲気を漂わせていました。一度目はお医者さんとレントゲン技師のグループ、背広を大切そうににたたみ、ズボンのおしりのところはきれいに繕ってありました。日本ではお医者さんと言えばお金持ちで贅沢というイメージですが、そんな感じは全くなく地味で知性に満ちていました。もう一人は日本人と結婚しているポーランド女性、ポーランド人は貧しいから仕事があればどこにでも行くし、必要だから外国語は何ヶ国語も話す。と言っていました。底力がある人達だなと思いました。そんなポーランドが頑張っていると知りうれしくなりました。(2009/06/08)

確かに日本人の悲観的展望は尋常ではありませんね。コラムにあるコメントのように、何に対してもヒステリー。インフルエンザといっては嘆き、大不況と言っては嘆き、政府がだめだと言って嘆き。嘆くよりも、冷静に対処すべきです。不況は自分の力ではどうにもなりませんが、歴史を見れば定期的にやってくるものではありませんか。第二次世界大戦のあとの貧しい日本ほどは貧しくならないでしょう?と私は思うのですが。ところで、ポーランド人の友人はドラマの「おしん」を見たことがあると言っていました。TVで放映されていたのだとか。彼女のお母さんは涙を流してみていたそうです。これも日本人と共通しているから?(2009/06/08)

おそれいりますが、なぜ記事は英語だけなんでしょうか?なるべく多くの読者を対象にした場合、少々疑問でした。(2009/06/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授