• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

色を“センスよく”“有効に”事業作りに取り入れる

「パッ」と、瞬時に相手へ伝えるための3つのポイント

  • 能登 左知

バックナンバー

2009年6月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

表現の幅は色で利かす

 「パッ」と、瞬時に相手へ伝わるモノ、それは「色」という情報。

 どんなに鋭く手短なキャッチコピーでも、強烈なインパクトがある画像でも、文字やイメージは「パッ」と見ただけでは、そこに書かれている内容や描かれている情景は、色ほどにパッと目に入ってこないものです。

 色は確実に表現の幅を広げます。

 事業作りに色を上手に取り入れて、企業の雰囲気を高めていきませんか?

 筆者も色の超専門家ではありませんので、

「人は光の刺激に応じて色を感じ・・・その光は電磁波の一種で、波の性質を持ち・・・」

というような色についての原理、つまり小難しい話はナシです。

 今回は、私自身が企業の販促物をデザインする時にする色使いの基本についてお話しします。

 これをあなた自身でアレンジして使えば、あなたも色を使うのが楽しくなりますよ!

ポイント1:色で「●●そうな」企業を印象づける

 色は視覚を通して得られる感覚なので、意識せずとも色に含まれた情報が目からすんなりと入ってきます。その色の情報を企業イメージ作りに使わない手はない!でしょ?

 例えば、赤系の色。

 その色を見た瞬間に感覚的に伝わってくる情報は、

 ・ 熱そう
 ・ 燃えてそう
 ・ エネルギッシュな感じ
 ・ 躍動的な感じ、etc.

などで、赤という色から外へ向けて放出される力強いパワーが感じられます。

では、緑系の色からはどんな感じを受け取るでしょう。

 ・ 自然な感じ
 ・ 活力がある感じ
 ・ フレッシュな感じ
 ・ 中性的な感じ、etc.

 緑系には赤系の色からは感じ取ることができなかった、なんだか心が癒やされる落ち着いた印象がうかがえます。

 赤系の色、緑系の色、そんな感じで他の色も同様に、それぞれが持つ色の印象があります。

コメント0

「表現人」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長