• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

残業代もなければ生産性も低い~日本人の「労働」に未来はあるか

“コスト削減の即効性が高い”残業削減について考える

  • 永禮 弘之,長尾 朋子

バックナンバー

2009年6月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、日本企業による来春の新卒採用抑制の動向を取り上げました。今回は、企業にとってコスト削減の即効性が高く、社員には痛みが少ない、「残業削減」に焦点を当てます。

 日本の人事部の代弁者、野々村さんが勤める流通チェーンのマルコーでも、残業削減が重要な課題になっています。とくに、大手飲食チェーンや量販店などが、「名ばかり管理職」と「未払い残業代」について現役社員などから訴訟を起こされ、マスコミに大きく取り上げられて以来、緊急課題になりました。残業代を分単位で払うことが求められるため、まずは店舗ごとに残業の実態を正確につかむことに力を入れてきたのです。

 その結果、改めて残業代のコスト負担が注目されるようになりました。そこで、本社の管理職やエリアマネジャーが、部下や店舗現場の勤務時間を日頃からきちんと管理するように周知徹底。かつては、遅くまで残って働く人=まじめに働いている人、というイメージもあり、とくに本社部門ではなかなか残業が減りませんでした。

 数年前に一時取り入れた組織のフラット化や個人業績評価の導入も、職場に混乱を引き起こしました。組織のフラット化により、情報を共有し協働する相手先や機会が増えたため、会議の回数や遠距離の出張回数が増えて、本社の管理職、地域本部長、エリアマネジャーたちの社内調整の手間が増えてしまったのです。一方で、部下や店舗の指導、相談にかける時間が減ってしまいました。

 また、個人業績が評価の中心になったため、職場でお互いに協力し合うことが少なくなってしまいました。こうして、若手社員が指導してもらう時間が減り、なかなか効率的に仕事をこなせるようになれないという事態も招いてしまったのです。

「働き蜂」日本の正社員は働きすぎで疲れている

野々村人事部長

 日本の労働時間の長さは、先進国の中では高い水準だ。日米英独仏5カ国の2005年時点の年間総労働時間を比較した国際労働機関(ILO)の調査によると、日本は5カ国中最も長い。日本の労働者は、ドイツやフランスに比べ、300時間以上も長く働いている。とくに、日本の正社員(一般労働者)の年間労働時間は、2000年以後、2000時間前後で高止まりしている。(厚生労働省「毎月勤労統計調査」)

 「長時間雇用者」(週に50時間以上働く雇用者)の割合は約30%。先進国の中でも比較的労働時間が長いアメリカでもこの割合は約20%なので、日本の長時間労働者の割合は、先進国の中で突出している。さらに、25歳から49歳の働き盛りの男性正社員の約2割は、週に60時間以上働いている。つまり、入社3年未満の若手か、早期退職制度の対象になる50歳以上の中高年者以外のビジネスパーソンの2割は、休日出勤しないで週5日出勤する場合、平日は毎日朝9時から夜10時以降まで働いていることになるのだ。(『エンドレス・ワーカーズ』小倉一哉著 日本経済新聞出版社)

 長時間労働が常態化している日本の正社員。当然、残業時間も長い。労働者1人当たりの平均年間所定外労働時間(サービス残業を含まない)は、2001年以後増加傾向で、2003年以後は150時間前後で推移している。『エンドレス・ワーカーズ』の著者、小倉一哉氏の調査によると、日本の正社員の約9割は残業をしており、「超過労働時間」(所定労働時間を超えて働いた労働時間。サービス残業を含む)は、1人当たり月平均35時間(年間420時間)。月に22日働く場合、サービス残業も含めて、1日当たり1時間半残業していることになる。また、職場だけでなく自宅で勤務時間外に仕事をする人も、全体の3分の1に上るようだ。(労働政策研究・研修機構の調査)

コメント52件コメント/レビュー

日本のホワイトカラーの生産性の低さは確かです。その理由は賃金体系が就業時間で計算される(法律)からです。元々日本でも戦前は(今の先進国と同様に)ホワイトカラーは年棒制で、就業時間と関係ないものでした。戦後労働運動の為か?、工場労働と同一化しました。確かに生産ラインの働きは就業時間に比例します。(残業代の支給も当り前です) そこで出てきたホワイトカラーエクゼンプション(これも変な名前なのでつぶされました)・・・希望者が年棒制を選択できる制度・・が最も良い解決策なのです。でも残業代カットだ!!と騒がれ(無能公務員の力かしら?)だめになりました。 残業代を頼りの長時間労働は労使とも行いたくないのですが、時代遅れの労働基準法が邪魔をしているのです。(2009/07/01)

「野々村人事部長の歳時記2 人事部長100人とつくるコラム」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本のホワイトカラーの生産性の低さは確かです。その理由は賃金体系が就業時間で計算される(法律)からです。元々日本でも戦前は(今の先進国と同様に)ホワイトカラーは年棒制で、就業時間と関係ないものでした。戦後労働運動の為か?、工場労働と同一化しました。確かに生産ラインの働きは就業時間に比例します。(残業代の支給も当り前です) そこで出てきたホワイトカラーエクゼンプション(これも変な名前なのでつぶされました)・・・希望者が年棒制を選択できる制度・・が最も良い解決策なのです。でも残業代カットだ!!と騒がれ(無能公務員の力かしら?)だめになりました。 残業代を頼りの長時間労働は労使とも行いたくないのですが、時代遅れの労働基準法が邪魔をしているのです。(2009/07/01)

一人当たりGDPと生産性の違いすらわからない人がコメントしているのを見ると、日本人が生産性が低いのがよくわかります。一人当たりGDPは人口が固定されていれば、GDPが上がれば増加します。長時間働いてGDPを上げることも可能です。しかし、生産性は同じ時間でどれだけの付加価値をつけたかが問題となります。すなわち、長時間働くことで一人当たりGDPが増加しましたが、生産性が上がっていなかったというだけの話です。自動車だけの話に矮小化する必要性がまったくわからないですね。ではソフトウェアは?金融は?石油は?証券は?食品は?農業は?この中でどれか日本が世界一の分野がありますか?自動車でナンバー1なら日本はすべてナンバー1と思うのはあまりにもおめでたいことです。(2009/06/29)

同感です。日本人の生産性の低いのは、過労するまで長時間労働をしているのを見れば明らかです。つまり日本人は、異常に長い時間働いて今の生活水準を維持しているわけです。それで世界第二の経済大国となっているのです。米国人も一所懸命働きますが、配偶者や子供と顔をあわせる時間がないとか、単身で働かなければならないというケースは聞きません。それは彼らの方が生産性が高いということなのです。日本人は、人によっては2人分の仕事をしながら、1人分の給料しかもらっている人もいれば、昼間ボーっとして居眠りしている上司もいるわけです。本当の意味での生産性の高い先進国となるには、昔の言葉となりましたが、エコノミック・アニマルのような生き方をしなくても、ゆとりのある生活(一所懸命仕事もするが、人生を楽しむ余裕もある生き方)ができることです。9時から5時まで働いて、それで余裕のある暮らしができるのが本当の意味での豊かさなのです。(2009/06/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授