• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第40話「会社は上昇基調に乗ってしまえば、凡庸な者にも社長は務まる」

2009年6月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 ジェピー創業者の未亡人の財部ふみが長らく心臓病を患い闘病中だった。ふみはジェピーの大株主でもあった。

 ジェピー社長で、ふみの息子である益男は、アメリカ出張中にふみが危篤に陥ったことを聞き、急遽、帰国した。大手電子部品会社UEPCとの間で、ジェピーに不利な合意書に署名する寸前だった。

 ジェピー元専務の間中隆三は、当時の経理部員、沢口萌と共謀して会社のカネを横領したとされ、萌とともに会社を追われていた。間中は益男の従兄弟であり、専務時代は益男の右腕としてジェピーを牛耳っていた。

 ジェピー長野工場では、経理部長の団達也のアイデアが功を奏し、工場の4ラインすべてが黒字化。1カ月間の在庫滞留資金量は3割ほど減少した。売り上げも利益も増えたために、運転資金は減少した。

 さらに、ロボット作りの天才、金子修平が作ったロボットが完成。アジア向けに輸出されようとしていた。

 携帯電話が鳴った。間中は黙ったまま相手の話を聞いた。

 「そうか。きみもつらいだろう。でも、今が正念場だ。陰ながらきみを応援している」

 ふみが息を引き取ったのだ。連絡をしてきたのは益男だった。叔母が亡くなったというのに、間中は笑いがこぼれそうになった。益男はこんなことを言った。

 「間中さんには本当に、ご迷惑をおかけしました」

 達也らの主張を鵜呑みにして、ジェピーから追放したことを詫びたのだ。そして、「団を入社させたことが間違いでした」と続けた。

 益男からは、ジェピーが存続しているのは、自分と母親の信用と財産によるものとの思いが伝わってきた。達也の功績など、微塵にも感じてはいないと思われた。間中は益男の性格を誰よりも理解していた。やっと、事態は間中の予想した方向に進み出した。

 「益男君。きみの言う通りだな。格好をつけるのは苦手だから黙っていたけれど、ボクはきみとジェピーを守りたかった。そのためには、悪人になるのも厭わなかった」
 「そうだったんですね」
 「ボクはね、きみがそのことに気づいてくれたことがうれしいんだ。わだかまりも消えたよ」

 間中は益男に“兄貴”のような口調で優しく言った。

 会話をしながら間中は考えていた。葬儀の連絡だけなら、益男が直接電話してこなくてもいい。しかも、2人は気まずい関係だったからなおさらだ。にもかかわらず、なぜ益男は自分に直接電話をかけてきたのか――。

 間中は薄々気づいていた。
 益男は、これからのジェピーの経営を相談したいのだ。

 間中は株式の所有割合を頭に浮かべた。筆頭株主はふみで持ち分は60%、次が間中の25%、そして益男が10%、残りの5%は従業員持ち株会だ。ふみの所有するジェピーの全株式は益男が相続するだろう。そうなれば、ジェピーは70%を握る益男のものだ。ふみの後ろ盾を失った達也を追い出すのも簡単だ。

 萌からの情報では、ジェピーの業績は上向いてきたらしい。それは達也の功績であることを間中は理解していた。だが、会社は上昇基調に乗るまでが大変で、乗ってしまえば、凡庸な者にも社長は務まるものだ。

「「熱血!会計物語 ~経理部長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第40話「会社は上昇基調に乗ってしまえば、凡庸な者にも社長は務まる」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者