• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第15講「他人実現」が絆を生む

2009年7月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 早稲田大学国際教養学部教授のカワン・スタントの学生に対する指導法を評価するのは、これまで紹介してきたように教育関係者や企業人だけではない。

 経済産業省でキャリア官僚だった田辺孝二は「日本の教育は、日本という島国の中でどう生きていくかばかりで、世界の中でどう生きていくかを教えない。それを教えるのが、スタント先生だ」とスタント・メソッドを高く評価する。

 通商産業省(現・経産省)の技術担当参事官だった1990年代後半に、田辺は21世紀の日本ビジョンを考えるための委員会活動を通じて、スタントと知り合った。

インドネシア人というよりもアジア人

 これからの日本人には、何が必要なのか。田辺には1つの答えがあった。それが「国境を越えたモノの見方、考え方」だった。

 田辺は京都大学を卒業後、75年に通産省に入省した、いわゆるキャリア官僚。シンガポールなどの海外赴任を経験したところで、日本人の内向きなモノの考え方に疑問を感じたという。その原因の1つが、教育だと考えた。

96年から「アジア人の会」を指揮し、アジアという大きな枠組みの中で日本人がどう活躍し、生きていくかを真剣に考えていた。

 そこで出会ったのが、スタントだった。その時の印象を、田辺はこう語る。

 「日本人でも、インドネシア人でもなく『アジア人』だと感じた。アジアのスケールで物事を考えていた。先が見えないことにも果敢に挑戦する意欲を持ち、周囲を巻き込みながらも可能性を持つ人たちを目覚めさせる力を持っていた」

 スタントはインドネシアの中国系の家庭で生まれ、差別に苦しみながら独学で勉強し、日本へ留学。その後も外国人という理由だけで職に就けなかったり、職場である研究の現場でも不当に扱われたりしてきた。

 そんな厳しい環境下でも、諦めずに4つの博士号を取得し、インドネシア人として初めて日本の大学の教授を務めるようになった。そして今、自分を裏切り続けた日本に対して「恩返しする」として、日本の大学の教育改革に奔走しているのだ。

コメント7

「本気が作る「やる気」人間」のバックナンバー

一覧

「第15講「他人実現」が絆を生む」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員