• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第45話「ただし1人でも寝返ったら、経営権を握られてしまう」

2009年7月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 イギリスのエジンバラ投資会社は、ジェピーにデット・エクイティ・スワップ(Debt Equity Swap=DES)の実行を迫っていた。DESが行われると、エジンバラ投資会社はジェピー株式の49%を取得することになる。DESを手がけているのは、達也の旧友、ジェームスだった。

 アメリカの電子部品大手、UEPCのCEO兼会長のマイケル・ウッズは、マインスリー社CEO兼会長のロバート・グラハムと親友だった。この2人は話し合ってリンダをマインスリー社の日本支社長にし、ジェピーを乗っ取ることを画策していた。

 ジェームスは、会社の業績が悪いことから、すぐにでもジェピーの株式を売りたいと考えていた。そして、リンダの元にジェームスから電話が掛かってきた。案の定、ジェピーの株を売りたいという相談だった。一度、ジェピー債権の取得をもくろんだものの失敗していたリンダにとって、待ちに待った申し出だった。

UEPC日本支社オフィス

 「アランか。ジェピーの株式が手に入った。リンダがついにやってくれたよ」

 突然、UEPC本社のCEO、マイケル・ウッズから日本支社長のアラン・ボガードに電話が入った。イギリスのエジンバラ投資会社が持つ、ジェピーの議決権株式の49%を50億円で譲り受けることに決まった、とマイケルは興奮気味にアランに伝えた。

 「経営権を手にするにはあと2%必要だな」
 「ジェピーの定款では、株式の売買をするには株主総会の承認が必要となっていますから、それまでは、株主にはなれません。それから、ミスター・ウッズ。取締役会チェアマンのミズ・タカラベが亡くなりました」

 するとマイケルは驚いた様子もなく答えた。
 「知っている。リンダから聞いた」

 「リンダはなぜ…」
 「マナカとかいう男から聞いたらしい。ジェピーをクビなった前の専務だ」

 「そうでしたか。それから、なぜだか分かりませんが、ミスター・タカラベからミスター・ウッズあてに、臨時株主総会の招集通知が届きました」

 なぜ、こんなに急に、しかも、ふみの告別式の日に招集したのか。アランは益男の意図を測りかねた。
 「タカラベはいつもよく分からないことをする」

 すると受話器からマイケルの低い声が聞こえてきた。
 「そうか。私の代わりにキースを出席させる。告別式は8日後だから、それまでに作戦を練る時間は十分にある。ジェピーの株式を確実に押さえるには、外部取締役で弁護士が適任だろう。彼には全権を与える」
 電話口でマイケルが笑いをかみ殺しているのが、アランに伝わってきた。

 「アラン。同じ日に、同じホテルでミズ・タカラベの遺言状が開封されことになっている。なぜ、株主総会を急いで開くのか、きみには分かるか」

「「熱血!会計物語 ~経理部長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第45話「ただし1人でも寝返ったら、経営権を握られてしまう」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏