• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「これシルクなの?」洗える・繊細・デザインで若い女性に人気

“世界一復活”のため社長たちが取り組んでいること

  • 秋元 志保

バックナンバー

2009年8月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 地域の風土や文化から生まれた伝統工芸品は、私たちの生活に密着していたものでした。気軽に楽しめたはずの工芸品は今や手の届きにくい高級品となり、買い手がその価値を理解することも難しくなりました。伝統工芸を取り巻く環境は決して楽ではありません。しかし、過去にも多くの困難を乗り越え、伝統工芸は何千年、何百年と生き残ってきました。

 この連載では、こうした日本の素晴らしい伝統工芸品を守りながら、新しい工芸品の道を探すべく「JAPANブランド育成支援事業」に参画している事業者の試みと工芸品への思いを紹介していきたいと思います。

 JAPANブランド育成支援事業は、全国商工会連合会、日本商工会議所が中心となり、世界に通じる新しい商品やサービスを作り、自らの経営基盤の強化と地域経済の活性化を目指した事業です。後継者不足や市場の縮小に負けず、伝統の革新に挑む事業者たちの取り組みには、「モノ作りニッポン」が生き残るヒントがあるのかもしれません。

世界一の輸出リーダー「生糸(シルク)」

 近代化が進む明治時代、日本の輸出産業を支えたある工芸品が長野県にありました。いまでは世界一の生糸(シルク)生産地だったことを知る人は少なくなりましたが、「信濃」という呼称は、繊維が強くロープの材料によく使用されていたシナノキに由来すると言われるほど、長野は養蚕やシルクの生産など紡績業が古くから盛んな地だったのです。

岡 正子(おか・まさこ)氏
岡正子デザインオフィス代表
株式会社ECOMACO 代表
OKA学園 トータルデザインアカデミー校長。
1958年長野県生まれ。79年杉野ドレスメーカー女学院デザイナー科卒業。98年長野オリンピック文化・芸術祭/文化プログラム「Fashion for the Earth」(環境素材による造形美ファッションショー)を開催。現在では、衣類の分野に止まらず広くライフスタイル全般に関わるナチュラルライフコーディネイターとして美の原点である自然豊かな長野から世界へデザインと環境の共生を発信し続けている。
画像のクリックで拡大表示

 シルクは最盛期には輸出総額の約70%を占め、製糸業を支援するために十九銀行(現八十二銀行)など、多くの銀行も開業しました。

 長野県を中心として製造されたシルクは外貨獲得の重要な貿易品だったのです。自分たちの手で世界一の産業を生んだことは、諸外国に比べ、経済面でも文化面でも遅れていた日本に大きな自信を与えてくれました。

 「長野から新しいシルクロードを作りたい」。長野県で生まれ育ち、自身もファッションデザインオフィスと洋裁の専門学校で校長を務める岡正子さんは、特産品としてシルクの復活に力を注いでいるひとりです。

 「元々、母親が洋裁学校を経営していたこともあり、幼少期から洋服に興味を持っていました。デザインをする上で素材に関心もありました。」と、語る岡さん。日々、ファッションデザイナーや校長として活躍する岡さんでしたが、08年に大きな転機が訪れます。

長野オリンピックで繰り広げられたもう一つの大会

 それは長野で開催された第18回冬季オリンピックです。「美しく豊かな自然との共存」をテーマに行われたこの冬季オリンピックで、岡さんは長野オリンピック文化・芸術祭「Fashion for The Earth」と題して、衣類の分野でも自然と共存を目指したファッションショーの大会を企画します。

2008年、長野オリンピック文化・芸術祭で行われた「Fashion for The Earth」の様子
画像のクリックで拡大表示

 そこで世界で初めて、土に還るとうもろこしやでんぷんを原料とした「ポリ乳酸」の衣類を発表したのです。ポリ乳酸は土に戻すと、微生物によって炭酸ガスと水に分解されます。表にポリ乳酸、裏地にシルクを使った環境に優しい衣類は、海外からも注目を集めました。

コメント0

「JAPAN1000年技術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト