• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

クチコミにのる商品にはちょっとした“言葉の工夫”があります

クチコミ対策はプロファイリングに似ている

  • 能登 左知

バックナンバー

2009年9月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、フラッと入ったお店で良い商品を見つけた時のことです。あまりに良い商品だったので、ついつい友人にそのことを話したくなり・・・って、これが「クチコミ」ですね。

 「こんな良いモノを見つけたのよ」なんていう、何気ない会話ですが、このちょっとしたクチコミという表現手法に過度に期待する社長さんも少なくないようです。

中小企業社長期待の広報戦略

 今までに筆者のところへ「表現」の相談に来られた中小企業の社長さんたちに「販路拡大のための広報戦略は何か」とたずねると、「新聞・雑誌に取り上げられること、クチコミ、展示会出展」と答えられる方がほとんどです。

 理由も明確です。「新聞・雑誌は取材が記事になるので広告料が無料」「クチコミもサンプル提供代くらいでほぼ無料」「展示会出展も行政主導により出展無料もしくは補助金制度を活用して費用削減できる」と考えている社長さんが多いみたいです。

 例えば、新聞・雑誌は、記者→(媒体)→読者、展示会は出展企業→(展示ブース)→来場者へと伝える先のターゲットがイメージしやすいです。情報が誰からどうやって流れているか検討つきます。

 しかし、クチコミについては新聞・雑誌、展示会出展などとは違う要素があります。

コメント0

「表現人」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト