• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

幻想かもしれない「食生活の改善」

押さえ込まれた欲望は暴発する

  • 子安 大輔

バックナンバー

2010年1月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 かなり以前から「健康ブーム」であると言われ続けています。私たちが普段接する情報のうち、健康に関するものが大きな割合を占めていることは、メディアの見出しや特集を見れば疑う余地はありません。

 「健康の追求」は一過性のブームなどではなく、私たちのニーズの中心的存在にすらなっているのが現状です。ただし、健康に関しては多様な話題があるように感じられるものの、発信されている情報や実際のニーズをよく見てみると、実は特定のある1点に向かって集約されていると言えそうです。

 そう、それは「ダイエット」です。体重が多い、体型が気になるといった悩みは、ずばりダイエットそのものの話ですし、コレステロール値、血糖値、尿酸値など血液の数値的な話も突き詰めていけば、広い意味でのダイエットに含まれるでしょう。肝機能障害や糖尿病、心臓病などの疾病もダイエットと極めて深い関係があります。実際ダイエットによって、疾病のリスクが低減されることも多いはずです。

 つまり現代の日本を生きる私たちにとっては、「健康=ダイエット」と捉えても決して言い過ぎではないのかもしれません。例えるならば、「すべての健康法は、ダイエットに通ず」という状態です。そして、私たちの体の状態は自分が食べたものによって大きく左右されるわけですから、ダイエット法の多くが食に関することであるのも、至極もっともなことです。

健康志向の裏で“メガ盛り”ブーム

 特定の食材を継続的に摂取することで痩せられるらしいというダイエットは、ポピュラーな方法の1つです。過去に注目された食材はりんご、バナナ、納豆、ゴマ、キャベツ、寒天、ココア、ヨーグルト・・・など、数知れません。ほかにも、米や麺類などの炭水化物を抜くことだったり、「プチ断食」をすることだったり、次から次へと新しくて「効果がありそうな」ダイエット法が登場しています。

 また、「トクホ」(特定保健用食品)のお墨付きをもらった商品の中で人気なのは、「脂肪がつきにくい」だったり、「コレステロールを下げる」だったり、ダイエット効果をうたったものが中心です。

 これだけダイエットに対する人々の関心や意識が高く、そしてそれに応えてくれそうな食材・食品が溢れているのですから、日本人はみな理想的な体型をしていそうなものです。しかしご覧の通り、現実はそううまくは行っていないようです。

 ここで注目してみたい事象があります。日本マクドナルドが2007年に全国発売した「メガマック」は、そのようなダイエット志向に対する強烈なアンチテーゼとして大きな話題を呼びました。

 本来であれば、過剰なカロリーや強い満腹感は現代人の大敵であるはずが、メガマックはそんなものを軽々と乗り越え、大ヒット商品となったのです。マクドナルドではその成功をきっかけに「クォーターパウンダー」という、通常よりも大きなサイズのハンバーガーを主力メニューとしてラインアップするようになりました。

 そして、マクドナルドの成功の後を追うように、外食各社は牛丼やラーメン、カレーなどの店舗において「メガ」や「特盛」と名乗った特大サイズの新たなメニューを投入し、それぞれ一定の人気を獲得しているようです。コンビニエンスストアでも超大盛りの弁当やビッグサイズのデザート類が続々と開発され、それらも予想以上にヒットしていると聞きます。

 少し話は変わりますが、この数年ラーメン業界では「つけ麺」が大きなブームとなっています。つけ麺とは、スープと麺が別に盛られていて、ざるそばのように麺をスープにつけて食べるスタイルのラーメンのことです。

 つけ麺ブームの理由としては、「通常のラーメンよりも、麺自体をしっかり味わえる」という説明がされますが、私はそれだけが要因ではないと考えています。

 つけ麺を出す店では普通盛りのほかに、大盛りや特盛りなどのメニューがあるのが一般的ですが、それらの価格を普通盛りと同一に設定している店が多いのです。そして男性客がこぞって、麺の重量が300グラムや400グラムもある大盛り、特盛りを注文している光景をよく見かけます。

 つまり彼らは、「腹いっぱい」食べているのです。

コメント5件コメント/レビュー

「太古から続く人間の体のメカニズムがそう簡単に変わるわけではありませんから、食べ物を安定的に摂取すれば、それをため込もうとすること、すなわち太ることはごく当たり前」 の例えは違和感が有ります。貯め込んでも脂肪(カロリー)として蓄積されるだけで、駱駝の様に血管中に水分が多く蓄えられない人間は、いくら脂肪が多くても水分を取らなければ3日~一週間で死にます。 むしろ太古のメカニズムの例を用いるのなら、日本人は食生活に動物性脂肪の摂取が急激に増えた事を太りやすい一因と捉えるべきでは無いでしょうか。(2010/01/28)

「食欲に透ける“建前と本音”学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「太古から続く人間の体のメカニズムがそう簡単に変わるわけではありませんから、食べ物を安定的に摂取すれば、それをため込もうとすること、すなわち太ることはごく当たり前」 の例えは違和感が有ります。貯め込んでも脂肪(カロリー)として蓄積されるだけで、駱駝の様に血管中に水分が多く蓄えられない人間は、いくら脂肪が多くても水分を取らなければ3日~一週間で死にます。 むしろ太古のメカニズムの例を用いるのなら、日本人は食生活に動物性脂肪の摂取が急激に増えた事を太りやすい一因と捉えるべきでは無いでしょうか。(2010/01/28)

>食生活によるダイエットがうまくいかないのは、決して私たちの意志が弱いからなどではなく、「現代社会の必然」なのです。なんでこんなあたり前のことが記事になるのでしょうか。TVとか女性雑誌もあまり見ないのでよく知りませんが、マスコミにもしそんな誤解(ダイエットがうまくいかないのは、私たちの意志が弱いからである)が蔓延しているのなら、声を大にして正していただきたいです。(2010/01/27)

面白かったし、「現代の標準的な食生活を送っていると、私たちは必ず太る」という理論もナルホドと思いました。でも、こういったような記事やコラムでよく例に出されるメガマックやクォーターパウンダー(明らかに太りそうなもの)については私の見解と違います。そもそも、ダイエットをしていたり健康志向の層と、太りそうなものを購入する層って違いませんか?「日本全国総健康志向」というような考え方になってしまっていて、確かに健康志向の強い人もいますが、実際は健康について全く無頓着な人もいるし、痩せたいとは思ってるけど何にもしていない、という人は意外と多いような気がします。少なくとも、私の周囲には結構沢山いますし(男性のほうがそういう傾向が強い気がします)、そういう人はあまり頓着せずに興味のある食べ物に手を出しがちです。前述したとおり、コラム内容には納得させられる部分も勿論ありましたが、太りそうなもののヒットと、ダイエット時のドカ食いを結びつけるのはちょっと無理があるんじゃないかと思いました。(2010/01/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長