• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

紅茶チェーンが見当たらないワケ

コーヒーとの違いは、「時間消費」の視点にあり

  • 子安 大輔

バックナンバー

2010年2月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さんは「コーヒー派」と「紅茶派」、どちらですか?

 レストランや飛行機で食事をした後には「コーヒーと紅茶、どちらになさいますか?」と聞かれるくらいですから、多くの人の頭の中では、この両者は同列に位置するような存在と言えるでしょう。

 けれども、身の回りをよく見てみてください。

 ドトールやスターバックス、プロント、タリーズなど全国的にチェーン展開をしているコーヒーショップは数多く存在するのに対して、それと対抗するほど多くの店舗数を誇るティールームやティーサロンというのは皆無です(先に挙げたコーヒーショップでは、紅茶のメニューも販売はしていますが、前面的に打ち出しているわけではありません)。

 また、外食としての喫茶業態ではなく、缶やペットボトルに入った飲料でも同じことが言えます。コーヒーの有名なブランドと言えば、「ジョージア」「ボス」「ファイア」「ワンダ」「ルーツ」「UCC」など頭にいろいろ浮かんでくるとは思いますが、紅茶ではどうですか? 「午後の紅茶」以外に、いくつもの銘柄をすぐに思いつくという人は少ないのではないでしょうか。

同じ嗜好飲料なのに・・・

 コーヒーと紅茶は、似たような「嗜好飲料」と位置づけられているはずなのに、ビジネスの実態としての規模は大きく異なるようです。この違いは、一体どこから生まれるのでしょう?

 1つには「中毒性」や「習慣性」が挙げられるように思われます。実際のカフェイン含有量に関しては諸説あるようですが、少なくとも私の知る範囲では「コーヒー中毒」の人はいても、「紅茶中毒」というのは聞いたことがありません(もちろん紅茶中毒の人もいるでしょうが、絶対数としては少ないと考えられます)。

 このことは、味覚的な強さの違いに由来するのかもしれません。

 また、例えばスターバックスなどのコーヒーショップで紅茶を頼んだ時には、お湯とティーバッグを渡されることが多いと思います。支払った数百円の対価がお湯とティーバッグというその光景を見て、私は何とも言えない寂しい感覚を抱いてしまいます。

 すなわち、紅茶はコーヒーと比較した時に、中毒性や味覚的、視覚的な強さで劣っていると考えられます。分かりやすく言うならば、紅茶は「パンチが弱い」のです。そしてその総合的なパンチの弱さが、私たちに「お金を払う価値」を感じにくくさせているという側面があるのではないでしょうか。

 少し違う観点からも見てみます。嗜好飲料と言うのは、それを飲んでいる「時間」の視点が欠かせません。コーヒーと紅茶を、そのような時間的観点で比較してみましょう。

 コーヒーはボーッとしている意識を覚醒させたり、仕事や作業の合い間の休息を楽しんだりするために飲む印象が強いように思われます。すなわち、「リセット」や「スイッチ」という言葉が当てはまるような、比較的短い時間と相性がいいと言えます。

 それに対して紅茶は、アフタヌーンティーという言葉もあるくらいで、よりゆったりした時間を過ごすイメージがあります。「コーヒーブレイク」に対して、「ティータイム」と言えば、両者の違いが明確になるかもしれません。

 ますます時間に追われる現代人には、紅茶を飲んで心豊かな時間を過ごすような余裕すら残されていないのかもしれないと考えるのは、うがった見方でしょうか。

コメント27

「食欲に透ける“建前と本音”学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長