• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

商業的過ぎる? 恵方巻きにバレンタイン

「一緒に食べる」豊かさに目を向けよう

  • 子安 大輔

バックナンバー

2010年2月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日の節分の日に、みなさんは「恵方巻き」を食べましたか?

 恵方巻きは西日本では以前から馴染み深い食べ物のようですが、関東圏で生まれ育った私にとっては、耳にするようになったこと自体が、この数年のことです。ご存じない方のために念のため補足しますと、恵方巻きとは節分の日に、その年の恵方(縁起の良い方角)を向いて食べる、巻き寿司のことです。その食べ方から、「丸かぶり寿司」や「丸かじり寿司」と呼ぶこともあります。

 その起源には諸説あるようですが、今のように人々の生活に定着してきた背景には、ビジネスの視点があった模様です。その仕掛け人となったプレーヤーは、海苔業界と流通小売業界です。

 海苔業界としては、年々需要が落ち込みがちな海苔に、注目が集まるような企画が欲しいという思いがあったとのことです。そしてスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの流通小売業界では、節分という非常に認知度の高い歳時イベントに、豆以外の消費を喚起するようなメッセージを投げたかったようです。

 そのようにして各業界、各社が恵方巻きを普及させるべく、様々なマーケティング活動を繰り広げた結果、全国的にも認知される行事となったわけです。

コミュニケーションも「食」の役割

 これってどこかで聞いたことのあるような話だと感じませんか?

 そうです、間近に迫った「バレンタインデー」です。バレンタインデーにチョコレートをあげるという習慣に対しても同じような話、そしてそれに対する批判の声を聞くことがあります。曰く、「あんなのはお菓子業界が、自分たちの利益のためにやっているだけで、けしからん」。曰く、「そんな手に乗って踊らされるのは、まったくもってばかばかしい」。

 確かに、恵方巻きやバレンタインチョコは、昔からの風習に便乗した「コマーシャリズム」なのかもしれません。けれども、それを一概に否定すべきかというと、私はそうは思いません。

 例えば、「土用の丑の日」のことを考えてみてください。夏の土用の丑の日には鰻を食べると良いらしいというのは、広く知られています。そして、これもその発祥には諸説あるようですが、有力な説の1つが、平賀源内が夏場に消費が落ち込みがちな鰻商売の活性化のために考えたPR(広報宣伝)だというものです。

 仮にこの慣習の始まりが、そんなコマーシャリズムだったとします。しかし、実際に夏バテしがちな時期に、多少奮発して鰻を食べることは、生活のアクセントになるでしょうし、たとえ気分だけでも元気になったような気がするのではないでしょうか。

 そしてそれ以上に重要だと思うのは、「今日は土用の丑の日だから、久しぶりにみんなで鰻でも食べに行こうか」「今日は鰻を買ってくるから、みんな夕飯に間に合うように、早く帰ってきてね」あるいは「なんで土用の丑の日に鰻を食べるの?」などという会話が、家族や親しい人の間で交わされるのではないかということです。

 つまり、ここでは「土用の丑の日に鰻を食べる」という風習が、人と人のコミュニケーションに大いに役立っているということができます。

 「食」というものは、生存のために胃袋を満たすもの、あるいは美味を追求するものという側面が大きいのは間違いありません。しかし、「一緒に食べる」という行為を通じて、家族や友人、恋人、同僚などと、コミュニケーションを交わし、つながりを深めるということも、食の大きな役割であるはずです。

 土用の丑の日に家族の疲労回復や健康を願う。バレンタインデーに大切な人に思いを伝える。節分の日にその年の幸運や無病息災を祈る。こうして考えると、それがたとえビジネス視点から始まったものであったとしても、1年の節目節目に、人と人とを結びつけるような「食」に関連した行事が存在することは、「決して悪いことではない」と言えるのではないでしょうか。

 ただし、バレンタインのチョコレートや恵方巻きなど、「新興勢力」の存在感が増しているのに比べて、古くから伝わる風習や習慣がないがしろにされているのは、問題かもしれません。人日の節句に七草粥を食べる。十五夜にすすきを飾って、月見団子を食べる。冬至にはゆず湯に入り、かぼちゃを食べる。最近では少し地味に感じるかもしれないこれらの行事を、今こそ大切にしていきたいものです。

関係者をどれだけ巻き込めるか

 さて、ここからはあえてコマーシャリズムに乗って、これから定着するかもしれない、食にまつわる歳時イベントについて考えていきます。

コメント12件コメント/レビュー

●『勤労感謝の日』=『新嘗祭』=収穫祭=サンクス・ギビング・デイなので既にある。『勤労感謝の日』の語感がダサイので、盛り上げるのには相当の投資が必要。●『旧正月』は『立春』=『節分の次の日』の月の一日(朔)なので『旧正月』と『立春・節分』は同じようなものとみなされ、旧正月を祝う国では節分を祝わない。『旧正月』と『節分』が同じ様なものだと消費者に気づかせないキャンペーンが必要。●6月の式場の閑散期を埋めるために『ジューン・ブライド』が提案されたが、賞味期限が切れて死語になりつつある。復活させるならそれなりの投資が必要。●自分のお金を使う経営者様に提案するには、浅すぎる提案ばかり。(2010/02/10)

「食欲に透ける“建前と本音”学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

●『勤労感謝の日』=『新嘗祭』=収穫祭=サンクス・ギビング・デイなので既にある。『勤労感謝の日』の語感がダサイので、盛り上げるのには相当の投資が必要。●『旧正月』は『立春』=『節分の次の日』の月の一日(朔)なので『旧正月』と『立春・節分』は同じようなものとみなされ、旧正月を祝う国では節分を祝わない。『旧正月』と『節分』が同じ様なものだと消費者に気づかせないキャンペーンが必要。●6月の式場の閑散期を埋めるために『ジューン・ブライド』が提案されたが、賞味期限が切れて死語になりつつある。復活させるならそれなりの投資が必要。●自分のお金を使う経営者様に提案するには、浅すぎる提案ばかり。(2010/02/10)

私自身は関西出身で、恵方巻の習慣に親しんで育ちました。(上京してしばらくは、節分のたび「今年の恵方は○○よ!」と母からメールが届いたものです)神社でいただく恵方巻は家族で神妙に切り分け、「丸かぶり」の分は祖母と母の手作り。団欒の席で、みんなで黙々と食べる時間は、喉に詰まりそうになる息苦しさとともに(笑)今でも思い出されます。ただ最近では「コンビニ主導だ」「大阪の海苔問屋の作り話だ」「本当に子供の頃からやってたの?」等と、なぜかイチャモンをつけられることも多くなって悲しく思っていました。「一緒に食べる」豊かさに目を向けよう、というタイトルに大賛成です!!その豊かさを生み出せる習慣であれば長く続き、土用の丑の日のように、文化として根づいてゆくのですよね。ありがとうございました。(2010/02/10)

失礼ですが、読む価値ありませんね。(2010/02/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授