• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ホルモンヌ」は何をお望みですか?

欠乏感を自己否定につなげてしまう不幸

  • 子安 大輔

バックナンバー

2010年3月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さんは「ホルモンヌ」という言葉をご存知ですか?

 焼き肉、その中でも特に、ホルモン焼きを好きな女性のことを、最近ではこんな風に呼ぶことがあるようです。かつてはホルモン焼きと言えば、「脂っこい」「煙の匂いがつく」「肉に臭みがある」などとして、あまり女性が好んで食べるものではなかったように記憶しています。

 ところが、最近ではそんなホルモンを愛する女性が急増しているのです。焼き肉スタイルのホルモン焼きに限らず、もつの串焼きや、もつ鍋なども同様に女性に人気です。

 一番の理由は、ホルモンの「おいしさ」を女性たちが発見したり、改めて認識したりしたことでしょう。

コラーゲンと美容の因果関係

 こういったお店の中には、いかにも「オヤジの溜まり場」として、女性が入りにくい雰囲気を醸し出しているところが少なくありません。けれども、最近ではきれいなお店も増えましたし、またたとえ少し薄汚れたような店であっても、女性たちはそんなことを気にせず、むしろ楽しんでいる余裕すら感じられます。

 そして、生産や加工、流通などの技術が進歩して、クオリティの高くなったホルモンを存分に楽しんでいるのです。

 しかし、おいしさだけでは、ホルモンヌという言葉が生まれるほど話題になってはいないはずです。そう、多くの方がご存じの通り、キーワードは「コラーゲン」です。

 ホルモンにはコラーゲンがたくさん含まれているようですが、そのコラーゲンには「美肌効果があるらしい」とされています。多くの女性にとっては、美容効果のある食べ物は大歓迎でしょうから、一斉に飛びつくのも無理はありません。

 先ほどのホルモン焼きのほかにも、飲食店では「コラーゲン鍋」「コラーゲンしゃぶしゃぶ」のようなものも、最近ではよく見かけることがあります。また、豚足や鳥皮など、やはり以前は女性があまり好んで食べなかったであろう食材も、コラーゲンが豊富という理由で、注目を集めています。

 飲食店のメニューに限らず、コラーゲン入りドリンクやカップスープ、サプリメントなど、食品全般にも広がりを見せています。

 では果たして、コラーゲン摂取と美容との間には、どれほどの因果関係があるのでしょうか?

 この点に関しては、生物学者で、『生物と無生物のあいだ』(講談社)や『できそこないの男たち』(光文社)などの著作でも知られる福岡伸一氏はその効果を真っ向から否定しています。『動的平衡』(木楽舎)という書籍から少し引用します。

 コラーゲンは、細胞と細胞の間隙を満たすクッションの役割を果たす重要なタンパク質である。肌の張りはコラーゲンが支えているといってもよい。

コメント5

「食欲に透ける“建前と本音”学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO