• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

200円台の牛丼と2000円以上する食パンは、「二極化」の象徴なのか?

分かりやすさと思考の単純化は紙一重

  • 子安 大輔

バックナンバー

[1/3ページ]

2010年4月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すき家、250円。松屋、250円。吉野家、270円。

 期間や地域を限定しているとは言え、これは4月のある時点での「牛丼並盛り」一杯の値段です(ただし、松屋の場合、メニュー名は「牛めし」)。

 各チェーンが春商戦ということで、そろって値引きを敢行したのです。メディアでも「デフレ時代の牛丼戦争」のようにして取り上げられていましたので、この情報を目にした人も多いかもしれません。

 ちなみに、それぞれの1杯当たりの値引き額は、すき家が30円(通常280円→250円)、松屋が70円(通常320円→250円)、吉野家はなんと110円(通常380円→270円)です。

 『牛丼一杯の儲けは9円』(坂口孝則著、幻冬舎新書)という本があるくらいですから、この値引きは各企業にとっては、苦渋の決断だったに違いありません(あるいは、文字通りの「苦肉」の策とでも言いましょうか・・・)。

 特に吉野家ホールディングスは、4月6日に発表した2010年2月期の連結決算予想では、最終赤字を89億円としていますから、非常に厳しい状況に置かれています。

 あらゆる生産・消費行動が「デフレ」という言葉に引きずられていますが、「食」は毎日の生活に密着しているだけに、その影響をもろに受けているようです。

 実際、「食」の領域で最近話題に上るものと言えば、これらの牛丼以外では、「プライベートブランド」「(手作り)弁当」「餃子の王将」「サイゼリヤ」など、「節約」や「低価格」というキーワードを持ったものばかりです。

1.5斤の食パンが2200円!?

 しかし、安いものばかりが選ばれて、高いものが全く売れないのかというと、必ずしもそうとは限りません。

 東京・世田谷に、「ルセット」というパン店があります。こちらの店は、自らを「最高級パン専門店」と名乗るだけのことはあり、初めてその価格を目にすると驚きます。

 「@shokupan(アットショクパン)」という名の1.5斤サイズの食パンが2200円。「@vanilla(アットバニラ)」というデザートパンは4300円。最も高価な「@japan(アットジャパン)」という商品は、なんと7600円もするのです。

 「@(アットマーク)」が付いている、一風変わった商品名から何となく予想できたかもしれませんが、ルセットではすべての商品をインターネットのみで販売しています。しかも原則として、全商品が予約制で、かつ生産時期が決まっているため、欲しい商品がいつでも手に入るわけではありません。

 普通、パン店というのは町に溶け込んでいて、消費者は買いたい時に訪れて、でき立てを買うものですから、このルセットは極めて特殊な形態と言えるでしょう。

 そして何より驚くのは、先に挙げた価格の高さです。「そんなに高いパンを誰が買うの?」と思ってしまいますが、ルセットのウェブサイトには、3月11日時点で「4月お届け分の@shokupanは完売いたしました」と記載されていますから、この不況下でもきちんと売れているようです。

 ルセットのブーランジェ(パン職人)であり、COO(最高執行責任者)でもあった方から以前、非常に興味深い話を聞いたことがあるので、少しご紹介したいと思います。

 そもそもルセットは、「パン」という商品カテゴリーへの素朴な疑問からスタートしています。

コメント10件コメント/レビュー

牛丼と食パン・・歴史ある伝統技術をも海外生産に置き換えて、表示をもうやむやにして、伝統産地を無くしてまで利益追求をしていく日本人。私は生まれ育った川辺町の伝統工芸品指定仏壇制作技術を絶やしたくない。伝承技術七工程の伝統工芸士の技術を、正当に理解してもらえるように、作業工房の公開や制作履歴簿による証明等で、その歴史と価値を理解してもらえるように、7工程の地域伝統工芸士が立ち上がり、地道な活動をしながらいつかは求める人が現れてくると思いつつ、今は忍耐の時と川辺伝承七職会が認知してもらえるよう、そして近い将来後継をしてもらえる方が出て来るよう願いながら、川辺伝承七職会の書記会計をしていて、私たちの会のこれからの運営の励みになりました。(2010/04/17)

オススメ情報

「食欲に透ける“建前と本音”学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

牛丼と食パン・・歴史ある伝統技術をも海外生産に置き換えて、表示をもうやむやにして、伝統産地を無くしてまで利益追求をしていく日本人。私は生まれ育った川辺町の伝統工芸品指定仏壇制作技術を絶やしたくない。伝承技術七工程の伝統工芸士の技術を、正当に理解してもらえるように、作業工房の公開や制作履歴簿による証明等で、その歴史と価値を理解してもらえるように、7工程の地域伝統工芸士が立ち上がり、地道な活動をしながらいつかは求める人が現れてくると思いつつ、今は忍耐の時と川辺伝承七職会が認知してもらえるよう、そして近い将来後継をしてもらえる方が出て来るよう願いながら、川辺伝承七職会の書記会計をしていて、私たちの会のこれからの運営の励みになりました。(2010/04/17)

おお、2000円のパン!そんなニッチな分野をみつけた創業者、その勇気すごいですね。▼現在何十万円もする高級自転車が売れているそうですが、それと共通するものを感じます。金持ちと貧乏人という2極化よりも、よく言われているように皆手の届く範囲内で贅沢をし始めているということなのではないでしょうか?(一方毎朝このパンを食している御仁もいるかもしれませんが、これはまた別の話)▼消費が小粒になってある意味貧乏くさくなっているとも言えるかもしれませんが、だからといって200円の牛丼ばかりがはやっているわけでもなく、一方2000円のパンもあるよというこのマーケットは、やはり世界的に見てもおもしろいはずですよね。▼私には2000円のパン、少し敷居が高いですが、もう少し安い価格帯で(それでも相当レベル高いですよね)、あまり深く考えずにそういった豊かさを享受していければなと思います。▼競争厳しいでしょうが、がんばってください。飲食業界の皆さまに感謝!(2010/04/15)

8枚切り一斤100円の食パンを食べ、フトコロの調整とダイエットの一石二鳥の食事をしている人間にとって理解のできない話である。それでも朝食は楽しく味わっている。スイッチを入れたTV放送に腹を立てることもあるが。一斤2000円のパンを食べている人は、外界で何かが起こっていても楽しいのだろうか。最もそんなTVは見ないのかもしれない。自分のような人間には2000円のパンを食べている人の生活は見えてこない。マスヤジ(2010/04/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社も社員も多少「やせ我慢」をして、長期的に物事を考えるべきだ。

川野 幸夫 ヤオコー会長