• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

豊かな食生活と、失われる「農への想像力」

生産者が紡ぎ出すストーリーを消費者は求めている

  • 子安 大輔

バックナンバー

2010年6月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この1~2年、東京の都心部において「ファーマーズ・マーケット」を見かける機会が増えています。ファーマーズ・マーケットとは、農産物やその加工品などを路上や広場で販売する「青空市」のようなものです。

 代表的なものに「マルシェ・ジャポン」という名のプロジェクトがあります。これは飲食店情報サイトを運営する「ぐるなび」が全体を取りまとめているものですが、都内では青山、六本木、赤坂、お台場、浅草など、あちこちのエリアで、ほぼ毎週土日に開催されています。札幌、名古屋、大阪、福岡など、東京以外の大都市でも定期的に開かれているようです。

 私自身、それらのファーマーズ・マーケットには、しばしば足を運んでいます。普段目にすることのない野菜に出会うこともできますし、生産に携わっている方が会場で売り子をしていることも多いので彼らから農産物に関する話を直接聞くことができるのも、大きな楽しみです。

 つまり、ファーマーズ・マーケットにおいては、日常的に訪れるスーパーマーケットとは全く違う「買い物体験」をすることができるわけです。これが支持されている一番の理由でしょう。

都市に「農」の刺激を与える

 一方で、こうした動きに対して、冷めた目があるのも事実です。

 例えば、これらのイベントは、注目を集めている農業に便乗しただけの「ファッション」に過ぎない、という指摘を耳にすることがあります。実際、このようなマーケットが成立するのは、一部の大都市だけかもしれません。さらに、百貨店などでしばしば開催されている物産展と比べてさほど変わりがないとも言われます。

 あるいは、生産者がわざわざ都市部までやってきて販売しても、大した売り上げにはならないのだから、影響力にも限りがあるし、そもそも継続していくことが難しい、と否定的に見る向きもあります。

 こうした批判の影響もあるのでしょうか。先述のマルシェ・ジャポンは、農林水産省から当初は補助金が出ていましたが、行政刷新会議のいわゆる「事業仕分け」によって、その支援は廃止という決定が既に出ています。

 確かに、国や自治体からの支援に頼ることなく、民間ですべてを賄えるのが理想です。しかし、このような取り組みが仕組みとして安定するまでには、多少の時間がかかるのは致し方ないようにも思われます。

 さて、これらファーマーズ・マーケットの最大の意義は、都市部に暮らす人々の「農」に対する意識に刺激を与えることではないか、と私は考えています。

 自分自身のことを考えてみても、都市部で生活していると、よほど意識をしない限り、「農」との接点は皆無と言ってもよいでしょう。野菜や穀物はスーパーでの買い物で済ませることがほとんどです。

 “八百屋さん”で買うことが普通だった頃であれば、目利きのプロである彼らから多少なりとも農に関する情報を聞くことができたはずです。しかし、スーパーの棚に綺麗に陳列された野菜を見た目と価格で選ぶだけ、しかもその野菜からも旬の概念が消えていくと、私たちが「農への想像力」を失ってしまうのは、当然です。

 トマト1つを取り上げても、これは誰がどこで作っているのか、どれくらいの時間がかかっているのか、そこにはどんな苦労があるのか、作り手は何にこだわっているのかなど、背後には様々な要素があるはずです。ところが、実際に私たちがそこに思いを馳せる機会は限りなく少ないものです。

コメント7

「食欲に透ける“建前と本音”学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長