• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「押し付け」ではコミュニティは生まれない――勘違いだらけのカフェビジネス

商業開発プロデューサーの入川秀人氏に聞く(その1)

  • 子安 大輔

バックナンバー

2010年6月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さんは普段、「カフェ」を利用していますか?

 と質問を投げかけておいてなんですが、ここで言うカフェに、厳密な定義があるわけではありません。

 1980年代から1990年代初頭に「カフェバー」と呼ばれたような“オシャレ”な店が六本木や西麻布、渋谷辺りにあったようですが、そんな一部の気取った店を指しているわけではありません。かと言って、昔ながらのいわゆる「喫茶店」のことでもありません。

 昼から夜遅くまで営業をしていて、お茶も飲めて、スイーツも食べられて、食事もできて、お酒も飲めて・・・、こんな気軽な飲食店の形態全般を指すと考えてください。

 1990年代半ば頃から、情報に敏感な若者を中心にじわじわと人気を集めています。最近では若い世代の間で「カフェめし」という言葉が生まれたり、あるいは「いつか自分のカフェを開きたい」という若者の夢を耳にする機会もあったりして、「カフェ=クリエイティブな若者のためのもの」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 外食産業において、カフェというのは異質な存在です。スターバックスやドトールのような「コーヒーショップ」は、チェーンストアビジネスの雄として強い存在感を示しています。これに対して、「カフェ」はビジネスとは縁遠いことが一般的です。実際にカフェを主体として大きく成長している企業は、あまり見当たりません。

 そもそもよく考えてみると、カフェというものは商売として矛盾をはらんでいます。カフェの魅力と言えば、「ゆったりできること」です。しかし、カフェでは来店客はコーヒー1杯でもよくて、それで長く時間を過ごしてもらおうというわけですから、客単価は決して高くありません。

カフェで儲けるのは難しい

 飲食店とは、「客単価×客数」という単純な数式で、その売り上げが決まります。そして乱暴に言うならば、「高い単価×少ない客数」か、「低い単価×多い客数」のいずれかに分類することができます。前者は寿司屋やフレンチレストラン、後者はファストフードをイメージしてもらえれば、ご理解いただけると思います。

 そんな中、カフェはと言うと、「低い単価×少ない客数」という構造ですから、純粋にビジネスとして考えると、おかしなことになっているわけです。ですから、「若者のための店」というイメージ上の問題に加えて、ビジネス的な観点から見ても、カフェという存在が多くのビジネスパーソンからあまり注目されないのも、もっともなことと言えます。

 しかし、そんなカフェを通じて、非常に意欲的な取り組みをしている1人の人物がいます。それが入川秀人さんです。

 入川さんは数多くのカフェをプロデュースしてきた人物ですが、店作りに関する独特の方法論や、地域活性化の視点、さらには大手企業を巻き込むスタイルなど、ビジネスの観点から見ても、非常にユニークな活躍をされています。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

「食欲に透ける“建前と本音”学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授