• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

飲み放題の先にあるのは「フリー経済」なのか?

「稼ぎ頭が無料」という飲食店の損得勘定を分析すると・・・

  • 子安 大輔

バックナンバー

2010年7月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 民主党政権に移行してから、高速道路の無料化、高校授業料の無償化など、「無料」という点に話題が集まることが増えています。特に高速道路に関しては、無料化がもたらすプラスとマイナスの影響に関して、いまだ激しい議論が交わされています。

 また、昨年11月に発売されて話題になった『FREE(フリー) ~<無料>からお金を生みだす新戦略』(日本放送出版協会)という書籍をご存じの方も多いのではないでしょうか。著者は「ロングテール」という言葉を世に知らしめたクリス・アンダーソン氏。主にウェブの世界をテーマとしていますが、「無料経済」について考察した非常に興味深い内容です。米グーグルがリードするIT(情報技術)領域に対しては、この「フリー」という概念を抜きにしては語ることはできません。

飲み放題でも利益が出るワケ

 今回はこの「フリー」について、少し考えてみることにします。飲食店にとって、フリーという言葉は極めて馴染み深いものです。ただし、「タダ」という意味でのフリーに関しては、クーポン券による「最初のドリンク1杯無料」のようなものはあるものの、それほどメジャーではありません。飲食店の場合、ウェブの世界のように限界費用をゼロに近づけることはできないので、それも当然でしょう。

 むしろ「自由」すなわち、一定金額を支払えば「好きなだけ、食べたり飲んだりできる」というケースが主流です。ホテルにおけるビュッフェ(バイキング・食べ放題のこと)や、ファミリーレストランのドリンクバーがその代表格です。

 あるいは、多くのビジネスパーソンにとって利用機会が多いのは、居酒屋での「飲み放題」かもしれません。この飲み放題というシステム、私を含む飲兵衛にとってはこの上なく有難いものですが、果たして飲食店側はきちんと利益を確保できているのでしょうか?

 例えば、1000円や1500円を払えば、2時間飲み放題というプランがあるとします。この金額の場合、ビールを3杯くらい飲んだら、顧客にとっては「元が取れる」ことになります。もちろんグループ全員が酒好きとは限りませんが、額面通り考えると、飲食店にとってのうまみは少なそうです。

 こうした飲み放題の仕組みが成り立つためには、次の2つのポイントが考えられます。

 まず1つは、「店は違うところで利益を確保する」という点です。すなわち、ドリンクで利益を上げることは諦めて、その分を食事でカバーするという発想です。と言うのも、このようなプランでは、大抵の場合、飲み放題を単体で注文することはできません。2000円や3000円のコース料理を頼んだグループだけに、オプションとして存在するケースが一般的です。

 仮に、2500円のコースを頼むとしましょう。比較的カジュアルな価格帯の店で、料理は1品500円程度のものが多いとします。すると、料理に2500円を支払うことは、1品500円の料理を1人当たり5品、自動的に注文していることになるわけです。けれども、皆さんが4人グループで店を訪れて、アラカルトで注文をする時に、合計で20品もの料理を頼むというのは、現実的にはあまり考えにくいかもしれません。

コメント2

「食欲に透ける“建前と本音”学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授