• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ずらし」は、定番商品の王道テクニック

スーパードライ、ミルミル、食べるラー油に学ぶ発想術

  • 子安 大輔

バックナンバー

2010年7月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

アサヒビールが期間限定で銀座にオープンした「エクストラコールドBAR」。氷点下のビールを味わうことができる

 夏の暑さが続いていますが、その分キンキンに冷えたビールが一層おいしく感じられます。

 さて、銀座で5月にオープンしたある飲食店に連日行列ができています。その店とは「エクストラコールドBAR(バー)」。アサヒビールが8月末までの期間限定で運営をしています。

 この店の特徴は何と言っても、「氷点下のビール」が飲めることに尽きます。アサヒビールの主力商品である「スーパードライ」をマイナス2~0度で提供できる特殊なビールサーバーを設置していて、キンキンを超える“ギンギン”に冷えたビールを楽しむことができるのです。

 たった1軒の飲食店の話ではありますが、実はここにアサヒビールの戦略が凝縮されています。

特殊なビールサーバーで、“ギンギン”に冷えたビールをついで楽しめる

ターゲットやポジションを変える

 スーパードライは発売から既に23年が経っていますが、発泡酒や第三のビールの登場以降、その影響を大きく受け、売り上げを落としています。過去最高の売り上げを記録した2000年と比較して、35パーセント近くも数字を落としていますから、状況は深刻です。また、ブランドを支えるユーザーも高齢化が進んでいており、若年層の取り込みが喫緊の課題になっているわけです。

 最近のテレビコマーシャルを見て、これまで長年続けてきた「いかにもスーパードライ」という硬派な広告とは異なるテイストを感じた方も多いのではないでしょうか。そして同時に、このエクストラコールドを「新しいビールの飲み方」として提案し、イメージの刷新を図っているのです。アサヒビールとしてはこの特殊なサーバーの普及に今後注力していくようです。

 一方、ヤクルトが販売する「ミルミル」という商品に関しても動きが見られます。私自身も気づいていなかったのですが、1978年発売のこのロングセラーブランドも、売り上げの大幅減少を理由に2005年には販売休止に追い込まれていたのです。

コメント1

「食欲に透ける“建前と本音”学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者