• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

都市をもっと面白くする

フォースクエアのデニス・クローリーCEOに聞く

  • 水野 博泰

バックナンバー

2010年10月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米ニューヨーク市のベンチャー集積地「シリコンアレー」に熱気が戻ってきた。10年前のインターネットバブルで盛り上がったが、その崩壊によってほぼ壊滅したと見られていた。ところが、ソーシャルネットワーク(SNS)の普及やメディアのデジタル革命という環境変化にチャンスを見いだした起業家が続々と再集結しつつある。バブルの再来なのか、あるいはデジタル革命の起爆剤なのか。新世紀シリコンアレーに集まるデジタル革命の群像に迫る。

 第2回目は、フォースクエアのデニス・クローリーCEO(最高経営責任者)。同社は、今、シリコンアレーで最も注目されているロケーション(位置情報)系SNSベンチャーである。GPS(全地球測位システム)機能を搭載したスマートフォンに専用ソフトを読み込み、訪れた先々、例えばレストランやバー、喫茶店などで「チェックイン」し、その情報が事前に登録しておいた人たちとの間で共有されるという仕組み。起業に至った動機と今後の展望を聞いた。

(聞き手は、水野 博泰=ニューヨーク支局、茂木 崇)

 ──ベンチャー立ち上げを目指し始めたのはいつごろから?

フォースクエアのデニス・クローリーCEO(34歳)。(撮影:水野 博泰)

クローリー 最初から起業を目指していたわけじゃなかったんだ。高校のときは雑誌の記者にあこがれていて、シラキュース大学(ニューヨーク州)を選んだのはジャーナリズムやマスメディアに強い大学だったということも影響していた。ただ、在学中にだんだんと「ニュースやコンテンツをつくる」ことから「コンテンツを伝達する」ことの方に関心が移っていったんだ。

 卒業後、1998年にニューヨーク市に出てきた。ジュピター・コミュニケーションズというインターネット・コンサルティング会社で約2年働いてから、パーム用ソフト開発会社のビンディゴでシティーガイドをつくっていたんだ。パームって覚えてる?

バブル崩壊、レイオフ、師との出会い

──1990年代に大ヒットしたPDA(携帯情報端末)ですね。

クローリー そうそう。それで、田舎からニューヨークに出てきて、いろんな所に行って、いろんなものを見たり聞いたりするうちに、「よし、このニューヨークっていう大都市をもっと使いやすくしたり、もっと深く知ったりできるようにしてやろう」と考えるようになったんだ。

 その矢先だよ。ドットコムバブルが弾けたのは。その上にさらに「9.11」が起きて、その直後に僕はレイオフ(解雇)されてしまったんだ。大量のネット関連企業が潰れた。転職先も見つからないし、やることがないからニューヨーク大学(NYU)の大学院に入ることにした。

 そこで、クレイ・シャーキー(“シリコンアレーの教祖”と呼ばれる人物、本連載でも紹介します)という素晴らしいメンター(師、指導者)を得て、「都市を面白くする」っていう僕のアイデアをどうしたら事業化できるのかを突き詰めていったんだ。

 クレイはすごい天才だよ。狂気の科学者みたいなところがあるんだけど、学生に対してはものすごく親身で人気がある。ほかの教授やスタッフを含めて僕の研究プロジェクトの面倒をよく見てくれた。実はNYUに入る前に、友人と一緒に「ドッジボール」というSNSの走りみたいな事業を始めていて、それを修士課程の研究テーマにした。

 僕たちは、これもあれもって感じで、できる限り多くの機能をサービスに盛り込もうとしていたし、「こんなふうに使ってもらいたい」というイメージを持っているわけ。ところが、ふたを開けてみると、ユーザーは僕たちが考えていたのとは全く違う使い方をすることがある。こちらの思い通りにいかないのは、何かが間違っているからだと僕たちは考えた。

 そしたら、クレイはこんなアドバイスをくれたんだ。

 「君たちが想像もしていなかったような使い方をユーザーが編み出したなんて、素晴らしいことだぞ。良い兆候だ。手直ししたり、やめさせたりしないで、そのまま使ってもらいなさい。君たちはもっと使いやすくするためのツールをつくることを考えなさい」

 あれは、発想の視点を変えてくれた最高のアドバイスだった。

起業、買収、雲散霧消、そして再起業

──ドッジボールはグーグルに買収されましたね。

クローリー そう。持って行ったら買ってくれたんだ(笑)。2年間、グーグルで働いた。

──ところが、グーグルのニューヨークオフィスの開発体制が整っていなかったこともあってプロジェクトは雲散霧消してしまった。

クローリー そう、僕たちもグーグルを去った。いくつかの会社で働いたけど、その間にもドッジボールを発展させたものをつくってやろうとアイデアを温めていた。そして、2009年に仲間と一緒にフォースクエアを立ち上げたんだ。

コメント0

「新世紀シリコンアレー デジタル革命の群像」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員