• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リヴァンプ 玉塚元一氏(1) 「経営者」が枯渇する時代を予感

2006年5月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 職業としての「社長」を自ら選び、活躍している人をお招きし、将来、経営層を目指す人々に、ご自身の経験を語って頂くトークセッション「Road to CEO」。第2回は流通・小売り・消費財分野を中心に企業の再生を請け負う、リヴァンプの代表パートナー、玉塚元一氏をゲストに迎えた。


 玉塚氏はご存じの通り、旭硝子、日本IBMを経てユニクロに入社、創業者柳井正氏の右腕として社長兼COOを務め、退社後、リヴァンプを立ち上げた。サラリーマンから経営者への道を歩き出したきっかけ、ユニクロ時代の柳井氏との関係、そして、今リヴァンプで目指すものを、生の言葉でお伝えする。

 司会は日経ビジネスオンライン副編集長の山中浩之と、インディペンデントコントラクター協会理事長を務め、様々な企業経営の現場に立ち会ってきた秋山進氏。テーマ別に4回に分け、火・木曜日に掲載する。

司会:山中(以下Y) 玉塚さんのご実家は証券会社を経営されていたそうですね。ご自身も「将来は経営者に」と思っていたのでしょうか。

いや、それはないですが、新人で旭硝子に入った時、同期の連中がみんなすごく優秀でね。最初の研修の時に、打ち合わせとかするじゃないですか。そうしたら、みんなが何を言っているか分からなかったんですよ。

Y え、でも日本語で話しているんですよね(笑)。

ええ。日本語ですけど、みんないっぱしの言葉や経済用語を使って発言するんですよ。心底、これはまずいと。そこで負けん気が出て、「よし、よく分かった。ここからは仕事だな、ビジネスだな」と。一生懸命やろうと思ったのは、そこからですね。

そのあと4年目に、シンガポールで部下1人と年商10億円の商売をやらせてもらいました。売上げがどんどん伸びて、ものすごく面白かったんですね。そのときに、ああ、商売とか経営というのは面白い。どうせやるんだったら、やっぱり経営者を目指してやっていこうと。

Y シンガポール行きは、どういう経緯で。

何より、海外にものすごく興味があったんです。でも当時、英語を一言もしゃべれなかったんですよ。昼休み、英会話教室に一生懸命通っていたんですが、いくら行ってもうまくならない。

だから「とにかく海外に行かせてくれ、住まわせてくれ、どこでもいいから」と頼み込んで。旭硝子はたくさん工場も拠点もありましたからね。そうしたら、ちょっと個性的な方が役員をやっていらしたんですが、その方が「行ってこい」と。

Y 英語がうまくなりたいから、行かせてくれと。よく通りましたね。

当時、英語と財務会計とコンピュータは基礎として学ばないと経営も何もないだろうと思っていた。一番難易度が高そうな英語からチャレンジしよう、と、そういう希望を出したわけです。

Y 認めた方も腹が据わってますね。で、だから、海外ならどこでもいいと。

そう。小さくていいから、リーダーとして、予算と責任をもらってやるって、とても大事じゃないですか。一番成長するし、商売全体を見て、回せる立場にいると、いろいろなことに気づけると思います。こういう経験を早めにするのは、僕はものすごく重要だと思いますね。

Y シンガポールでのユニットを任されたのは何歳の頃ですか。

27歳です。前任者が45歳ぐらいのベテランで、それが若輩の僕に代わることに、その方はものすごく不満だったんだと思います。抜擢してくれた、役員の方が、僕が行く前に、「お前の場合は、見せておいた方がいいだろう」と言って出してきたのが、前任者が常務にあてた手紙でした。「自分がこれだけ頑張ってきたのに、なぜ何も分からない若造を抜擢するのか」とあって、読んだ僕は思わず、わなわなと。

Y 「この野郎」と。

でも大事じゃないですか、そういう気持ちは。そうして「負けるものか」と言って突入したけど…。

Y どうなりました。

1年目は玉砕しました。シンガポールの英語、いわゆるシングリッシュがすごく難しかったのも原因です。本当に何を言っているか分からなくて。

Y どう建て直されたんですか。

コメント1

「Road to CEO」のバックナンバー

一覧

「リヴァンプ 玉塚元一氏(1) 「経営者」が枯渇する時代を予感」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長