• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リヴァンプ 玉塚元一氏(4)カギは、変化を実感させること

2006年6月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Part3へ)


山中(以下Y) それではご質問のある方、よろしくお願いいたします。

Q ロッテリアの案件では、どれぐらいの期間、マネジメントチームを派遣されるのでしょうか。経営は途切れることがないので、どこかの時点で、人を引っ張って来て任せないと、回らないのではと思うのですが。

 あと、コンティンジェンシープラン(緊急時対応計画)といいますか、銀行も貸してくれますし、玉塚さんも自分で出資をしておられると思いますが、万一の場合、どんな資金プランをお持ちか、その辺を伺いたい。

 期間は、出だしの6カ月がまず大事。結局、最初の1年だと思いますね。ここで再生に向けた骨格をしっかり作れるかどうか。

 いまロッテリアのプロパーの優秀な人が、一緒にやっていますから、そういう人たちが責任の重い仕事ができるようになれば、少しずつ入れ替わっていくと思います。

 今の段階のコンティンジェンシープランとは、しっかりしたデューデリジェンス(資産評価手続き)を行った上での、「本当にこの事業計画でいけるか」という判断そのもの、かもしれません。

Q リヴァンプのやり方はすごくいい仕組みだと思うんですけど、例えば身近な例として「うちの会社のオーナーがそれを聞くだろうか」とも思ったんです。他のオーナー系クライアントでも、お話しても聞かない人が多いんじゃないかと思ったんですけど、そういったご苦労はありますか。

コメント1

「Road to CEO」のバックナンバー

一覧

「リヴァンプ 玉塚元一氏(4)カギは、変化を実感させること」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO