• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イッセー尾形流「人生コーチング」~
(2)困る技術

ワークショップ「イッセー尾形のつくり方」見学記2

2006年7月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

第1回から読む

 ズブの素人を、4日間の稽古だけで舞台に上げ、お客さんに見せられる芝居を作り上げる--。そんな“無謀な”挑戦が、日本が生んだ独り芝居の達人、イッセー尾形氏と、ずっとコンビを組んできた演出家の森田雄三氏によって行われています。ワークショップ、「イッセー尾形の作り方」です。

 森田氏が指導するこのワークショップは、ビジネスパーソンにとって、自分の限界と思っていた壁を破るためのヒントに満ちています。そのエッセンスを、彼らにずっと注目してきたルポライター、朝山実氏が分かりやすくお伝えします。初めての方は、ぜひ第1回からお読み下さい。

(日経ビジネスオンライン 山中 浩之)

 演劇や芝居の稽古というと、皆さんはどんなものを想像しますか?

 発声練習、台本の読み合わせ、立ち稽古、演出家の身振り手ぶりの演技指導…、大体こんなところが頭に浮かびます。

 ところがこのワークショップでは、4日間の稽古の期間中、一度もそのような「芝居の稽古」らしいものはありませんでした。付け焼刃なことをしても仕方がないというのもあったのでしょう。

演出家・森田雄三氏
演出家・森田雄三氏

 「演劇というと、アエイウ…って、皆で発声練習をするのを思い浮かべたりする。でも、現実にはお芝居に出てくる人のような、よどみない喋り方をしている人はいないでしょう。それを、わざわざ稽古してやるなんておかしいじゃない」

 「ウチらがやろうとするのは、そんなウソっこなものではなくて、皆さんが生きているままを舞台にのせる。演劇の楽しさというのは、いろんな言い方があるだろうけど、身体の中から言葉を出す。寸前まで思いもしなかった言葉が、突然堰を切ったかのように溢れ出す。この体験だと僕は思う。それに、お客さんが笑ってくれたりすると、とても幸せな時間を感じるから」

 ワークショップのポイントは、「時間の短縮」にあると演出指導の森田さんは言います

準備は禁止です!

 「学校方式の、基礎から積み上げていくのは、時間がかかる手法。教育といえばこれ一辺倒で、あとのものをインチキと呼ぶようになってしまった。時間をかけることを『努力』といい、それ以外を排除する。でも、僕は、この排除されたものの中にこそ、いいことがいっぱいあるんじゃなかろうかと思う」

 プロが何年もかけてきた過程をショートカットし、「インチキな方法」でジャンプさせるのだと言います。

 「演劇というと、どうしても台本があり、演出家がいて筋道だったものをしないといけないと思い込んでしまうんだけど、4日間では台本を覚えてやるなんて到底無理だから」

 そっちは無理だとわかれば、さっさと別の方向へと針路を変更する。4日間という限られた条件の中では、できることをするのが基本。できることがたくさんあるのに、皆はそのことには気づかず、出来そうもないものばかりを追いかけている。これが「自分探し」の弊害だと森田さんは言います。

 たしかに、たった4日でプロのコツが掴めるのだとしたら、これはワクワクします。そこで森田さんは、玉手箱を開けるように、その秘訣を説明しました。

 「準備をしない」
 「困りなさい」

 “秘伝”の要は、準備をせずに稽古にのぞむこと。そうすれば、当然、立ち往生してしまいます。そりゃそうでしょう。

 しかし、森田さんは、この困った状態に置かれたときにこそ、人は思いもしなかった力を発揮する。解決策を見つけだそうと、意識を集中する。「湧いて出る瞬発力を信じようよ」と話していました。

コメント0

「EXPRESS X」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ライバルは思わぬところから出現します。

浜田 健一郎 ANA総合研究所 シニアフェロー・前NHK 経営委員長