• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【商う外国人】ブラジリアン柔術の“キモノ”がヒット~「DUMAU」その2

  • 和良 コウイチ

バックナンバー

2006年7月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

第1回から読む

 外国人登録者数で30万人を超える、メジャーな在日外国人であり、同じ顔かたちをした「同胞」でありながら、我々は彼ら--在日ブラジル人のことをよく知らない。彼らはこの国で何を思い、何を求めているのか。シリーズ【商う外国人】の第2弾では、篭原エヂソンというある日系2世を通じ、在日ブラジル人の素顔を垣間見たい。小柄で丸眼鏡をかけ、気弱そうな微笑を浮かべる篭原青年は、一見、「のびた君」だ。でも、その実体はブラジリアン柔術のツワモノで、徒手空拳の格闘技ビジネスにまい進する「ゴツイのびた君」だった。

------------

篭原氏
篭原氏

 篭原エヂソンさんは、日本でブラジリアン柔術の道着、「キモノ」の販売で年商3000万円を上げているんですね。ブランド名は「DUMAU」。このキモノについて、少し詳しく聞きます。他のブランドよりも優れている点は、ズバリどこですか。

篭原 デザインが格好いい、とみんな言ってる。あとは、やっぱり“軽さ”。今、キモノ込みで計量(※3)をやっているから、できるだけ軽くしてるけどね。

※3 ブラジリアン柔術の計量
試合では、細かく体重別に階級が設けられている。たとえば、同じく道着着用の柔道や空手などでは、パンツ1枚の状態で計量するが、ブラジリアン柔術では、道着を着用したまま計量する。身体・道着込みの重量の方が同条件と考えるのが、ブラジリアン的な合理性なのか?

篭原 新しい商品は縮まないのが一番だね。他のメーカーはみんな縮むから。

 分厚い綿だったら、洗って乾かすと絶対縮みますよね。

メイン商品のキモノ
メイン商品のキモノ

篭原 それが今ほとんどなくなった。

 キモノはブラジルの工場でつくっているとか。

篭原 そうそう。今のところはみんなパラナ州ロンドリーナの工場でつくってる。いまパキスタンの2つの工場から、「こっちでつくらないか」という話も来ているのね。結構安いし、他のメーカーはもうつくってるところもある。でも、品物見たけど、今のところは無理かな。

 デザインもブラジル人がしている?

篭原 日本人のデザイナーをあまり知らないから。でも、アイデアはみんな自分で出してるね。ブラジル人のデザイナーに「こういう形にして」「こういうデザインにして」「ここを直して」とか。

 DUMAUのロゴマーク、これは蛇ですか。

篭原 本当はコブラとドラゴンを組み合わせているけど、コブラはちょっとだけ残って、どっちかというとドラゴン。ドラゴンもコブラも強い、怖いというイメージあるね。

 「DUMAU」という言葉は、どういう意味なんですか。

篭原 イメージ的には、英語の“BAD BOY”。でもDUMAUは、“BOY”じゃなくて、悪い“奴”。

 「BAD BOY」という他社のブランドもありますよね。もともと柔術には、そういう人がやるものというイメージがある?

篭原 ブラジルでは昔そうだったけど、今はもう変わってる。スポーツだとみんな考えてるから。

 ブラジルでは柔道もそれなりに盛んだと思いますが、比べて柔術はどんな感じですか。

篭原 柔道も結構やっている人はいる。柔道は日本が一番だけど、ブラジルもたまにメダルを取るでしょ。でも今は、柔道をやっている人が柔術もやっているね。

 重なっていると。柔術人口そのものは、どれぐらいいるのですか。

篭原 ブラジルではサッカーと一緒。

 サッカーと一緒!?

コメント0

「EXPRESS X」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者